BLOGブログ

悪玉菌を減らすためには?│腸に良い食事もお伝えします!

悪玉菌を減らすためには?│腸に良い食事もお伝えします!

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

今回は日々の健康を保つ上で欠かせない「腸内細菌」について、特にその中でも「悪玉菌」について、どのようなものなのか?なぜ増えてしまうのか?お伝えしていきます。

悪玉菌はテレビなどでもよく聞く名前ですが、増える原因を知らないという方も多いかと思いますのでぜひ最後までお読みください!

悪玉菌とは?

まず、腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分けられます。

悪玉菌は身体にとって悪い影響を及ぼす菌ですが、腸内に悪玉菌が増えると便やガスを排出するための腸の「ぜん動運動」が悪くなって、便秘になりやすくなります。

腸の中に便が残ってしまうと、腸内に有害物質が溜っていき、それが血液に吸収されて全身に行きわたると、にきびや吹き出物など肌トラブルが起こります。
また、がん、糖尿病、うつ、アレルギーといったさまざまな病気が、腸内環境の悪化と密接な関りがあります。

悪玉菌の代表格は「大腸菌」や「ウェルシュ菌」で、様々な有害物質を生み出してしまいます。

なぜ悪玉菌が増えるのか?

加齢

どうしようもない理由ですが、加齢とともに悪玉菌は増えてしまいます。ただ、加齢は止まられませんが、悪玉菌の増加は食事や運動習慣などで抑えることはできます。

甘い物の食べ過ぎ

糖質は悪玉菌の大好物です。無性に甘い物が欲しくなる時は悪玉菌が脳に指令を出しているとも言われています。罠に引っかからないようにしましょう!

肉の食べ過ぎ

たんぱく質はとても大事な栄養素です。ただ、「高たんぱく・高脂質の過剰摂取」は悪玉菌を増やしてしまいます。

腸に良い食生活とは?

ここまで悪玉菌について書いてきましたが、やはり増えてしまうと良いことはありません。それではそんな悪玉菌を減らしていけるような腸に良い食生活についてもお伝えしていきます!

善玉菌を摂取する

善玉菌とは、悪玉菌とは違い僕たちの身体に有用な働きをする菌です。腸に良い食生活にしていくには、とにかく善玉菌そのものを摂取することが大切です。善玉菌は味噌、ヨーグルト、キムチ、チーズなどの発酵食品から補うことができます。

食物繊維を摂る

食物繊維には、悪玉菌だけでなく腸内の有害物質までも減らす効果が期待できます。また、食物繊維が腸内で分解されると、善玉菌のエサにもなりますので積極的に摂取しましょう!

ヨーグルトを摂る

ヨーグルトには乳酸菌やブルガリア菌など腸内環境を整えてくれるものが豊富に含まれています。善玉菌を増やしてくれる効果があるので毎日摂取すると理想的ですね!

いかがでしたでしょうか?悪玉菌を増やしてしまう生活をしている方はとても多いのではないかと思います。実は「ストレス」も悪玉菌を増やす原因になっていたりします。自分なりのストレス解消法や食生活の見直しで、健康な身体を作っていけるようにしましょう!

SHARE!

BLOG TOP