BLOGブログ

燃焼した脂肪はどこへ消える??

燃焼した脂肪はどこへ消える??

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

ダイエットをしているお客様などから、「脂肪燃焼って言いますけど、燃やされた脂肪はどこに消えてしまうの?」と質問を受けることがあります。皆様その答えをご存じですか?

燃やされた脂肪は実は「水」と「息」になって消えていくんです!

僕は初めてそのことを知った時は衝撃でした。今回はそんな脂肪燃焼のメカニズムや脂肪燃焼しやすい時間帯など詳しく説明していきますね!

脂肪とは?

まず脂肪細胞には、「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の二種類が存在します。それぞれ働き方が違うので、その働きの違いについてご説明いたします。

白色脂肪細胞

白色脂肪細胞は、体内で使い切れず過剰となったエネルギーを中性脂肪として蓄える働きがあり、いわゆる脂肪太りの原因となる細胞です。皮下や内臓の周囲に多く存在しています。

褐色脂肪細胞

白色脂肪細胞とは逆の、脂肪を減らすという驚きの機能を持っています。脂肪細胞なのに、その脂肪を燃やしてエネルギーを消費することが期待されています。主に、首回り、肩甲骨付近、腎臓の周り、胸部大動脈周辺に少量存在しています。

燃焼した脂肪はどこへ消える??

「脂肪燃焼」という言葉がありますが、実際にランニングなどをした時に体内で燃えているわけではありません。詳しく言うと

「酸化されて分解されている」というわけです。
ここでいう分解されているというのは「中性脂肪」のことです。中性脂肪は食事から過剰に摂取された糖質などから蓄積されていきます。

そしてその中性脂肪は「水素」、「炭素」、「酸素」から成り立っているので、代謝され分解されたものは最終的に「水」と「二酸化炭素」(息)となって体外へ排出されるのです。

「水」というのは尿や汗、涙、「二酸化炭素」は僕たちが吐き出す息として排出されます。
ちなみに割合としては、「二酸化炭素80%、水20%」で排出されていきます。

多くが息として排出されるということは、ダイエットをする上で「呼吸」はとても大事になってくるということです!酸素をたくさん吸い込み、二酸化炭素を吐き出す。呼吸が浅い方というのは痩せにくいというわけなんですね。ただ、もちろん呼吸さえしていればいいというわけではありませんのでしっかりと運動はしていきましょう!

筋トレのような無酸素運動よりもジョギングなどの有酸素運動のほうが脂肪燃焼するダイエットには適しているのかもしれません。

そして、水分をしっかり摂取することも健康面だけでなくダイエットにも重要なことなんですね。当サロンでも、キャビテーションを受けた後にトイレに行きたくなる方が多いのは、脂肪が分解されていく過程で体内に水分が溜まっていくことが関係しているのではないかと思います。

脂肪が燃焼されるまでの時間はどのくらい?

有酸素運動などで脂肪が燃焼するには、最低でも20分かかります。体内のエネルギーは糖質から先に使われ、完全に消費してから脂肪が使われます。けれども、実際は糖質と同時に脂肪の燃焼も始まっています。その量が糖質を上回るまで20分はかかるというわけです。

また、一度の運動で20分達成しなくても、数分の運動を合計して1日20分以上であれば、脂肪燃焼はしっかりとされるようです。

脂肪燃焼しやすい時間帯は??

1日の中で脂肪燃焼しやすい時間帯は12時~夕方ぐらいにかけてです。代謝が高く、夕方にかけて脂肪を分解するホルモンが分泌されてきます。
つまり、この時間帯にジョギングや筋トレなどをすると効果的に脂肪燃焼することができるというわけです!ジョギングなどの有酸素運動をする場合は最低20分行わないと、脂肪の燃焼も始まらないので注意してくださいね!
学校や仕事があると難しいかと思いますので、お休みの日はこの時間帯を有効活用しましょう!

今回の内容はいかがでしたでしょうか?知らなかったという方が多いのではないかと思います。参考になっていれば嬉しいです♪

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP