BLOGブログ

腸もみで効くのは便秘だけじゃない!カラダに起こる6つの効果

腸もみで効くのは便秘だけじゃない!カラダに起こる6つの効果

こんにちは!
志木の隠れ家整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

当サロンのダイエットコースである「美腸整ダイエットコース」では骨格矯正とキャビテーション以外にも「腸もみ」を取り入れています。

「腸もみは腸内環境を整えるもの」

「便秘解消に効く!」

「ポッコリお腹に効きそう」

皆様それぞれが腸もみに対してイメージしていることがあるかと思います。

なぜ腸もみをダイエットコース内に取り入れたのか??

実は腸内環境が悪くなることで「様々な身体のトラブルを招く」ことが多いのです!

便秘だけでなく肩こり、腰痛、頭痛、倦怠感、疲労感…などなど、不調や病気の9割は腸内環境の悪化によって起こる!なんてことも言われています。

皆さんの腸内環境はいかがでしょうか?

今回は、腸もみを受けることで身体にどのような変化が現れるのかをご説明していきます!いつまで経っても良くならない不調は、腸からきているのかも?

(2022/9/24 更新)

こんな方に腸もみはおススメ

以下のようなお悩みがある方に腸もみはおススメです!

  • 便秘になりやすい、慢性的に便秘
  • ガスがたまりやすい
  • ぎっくり腰になりやすい
  • 頭痛がある
  • 自律神経が乱れやすい
  • 冷え性
  • 不眠
  • イライラしやすい
  • むくみやすい
  • 生理痛がある

腸もみの効果6選

腸もみ

そもそも腸は、年齢を重ねるごとに働きが鈍くなり便秘など様々な不調を起こしてしまいます。腸もみはそんな腸の機能を正常化させるために有効です!

では、腸揉みを受けることで身体にどんな効果や変化がでるのでしょうか?

蠕動運動を高めて便秘の解消

世間に一番知られているのが便秘解消ですね!

排便は「腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)」が鍵になってくるのですが、便秘になりやすい方は何らかの原因で、蠕動運動がうまくいっていません…。
そのため、腸もみで直接腸に刺激を加えることで蠕動運動を促します!

施術をしたその日から「便が出ました!」と喜ばれる方もおりますし、施術の最中にトイレに向かわれる方も過去にはおりました!

そもそも便秘の原因はたくさんあって(腹筋が弱い、ストレス、食生活…など)、蠕動運動を促しただけでは改善されない方もいらっしゃいます。

慢性的な便秘の解消のためには、原因を1つ1つ解決していくしかありません!

腸もみを受けることで、その原因の1つは解消されますので便秘でお悩みの方はぜひ一度受けて見て下さい!

内臓下垂を整えてポッコリお腹を改善

「急に下っ腹がでてきた…。」

下っ腹がでてくる原因の1つは「内臓下垂」です!

筋力低下や長時間のデスクワークによって内臓が徐々に下がってくるんです。そうなると下腹部に脂肪が溜まり始めて、気が付くとポッコリお腹が出来上がってしまいます…。

腸もみはそんな内臓下垂を正す効果があるため、ポッコリお腹の原因を解消させます!
当サロンでは腸と筋膜で繋がっている「横隔膜」から引き上げていくので、短期間での改善が見込めます。

自律神経の働きを整える

実は、腸の働きと自律神経は深い関りがあります!

例えば、腸の蠕動運動は自律神経の1つである「副交感神経」が優位の時に活発化されます。そのため、自律神経の働きが乱れると蠕動運動の働きも低下していくのです!

このように、腸もみによって腸内環境が整うと自律神経の働きも正常化されてくるので、体に不調を感じている方は腸からアプローチをすることをおススメします。

老廃物を排出して肌荒れ改善

腸の働きが活発化されると、体内に溜まった老廃物の排出を促してくれます。

肌荒れの原因の1つは「体内の老廃物」です。
洗顔、化粧水、美容液など外側からのケアを徹底してもなかなか改善されない場合は、内側からのケアもやってみましょう!

内側からキレイにしていくことで「アンチエイジング効果」も期待できます!
お肌のことを長期的にみても腸もみは多くの効果が期待できるのです。

腰痛改善

長時間のデスクワークが原因で腰痛を引き起こしている方は「お腹の筋肉」も硬直しています!

こういった場合は、腰だけをマッサージしてもお腹の硬さが原因で腰痛が再発してしまうのです。腸もみによって腹直筋や腹横筋といったお腹の筋肉群を緩めていくと腰痛を根本改善できることがあります!

ぎっくり腰が多い方というのも、実はお腹の筋肉がガチガチに固まっています。腰痛でお悩みの方は腸もみでお腹からアプローチをしてみても良いですよ!

免疫力アップ

腸は健康の要と言われています。その理由は、免疫細胞の約7割が腸に集まっているためです!

そのため腸内環境が悪化してしまうと、免疫力が低下して病気にかかるリスクが高まってしまいます。体調を崩しやすい方は、腸内環境に問題があるのかもしれません。

病気を未然に防いでいくために腸もみを受けると良いかと思います!

腸揉みを継続的に受けると主に上記のような6つの効果があらわれます。

腸内環境が悪化すると病気になるというのも納得ですね!
実際に腰痛のお客様に腸もみをおこなったところ、翌日から腰の痛みが軽減され、あわせて便通も良くなりました。

「便がしっかりでるようになった」という声はとても多いですね☆

腸を健康な状態に保つことで様々なトラブルを改善させ、全身の健康につながります。

腸もみを受ける際の注意点

生理中

生理中の方は出血がひどくなったり痛みがでる可能性がありますので、避けた方が良いです。絶対にNGというわけではないので、力加減を調整してもらいましょう!

食事の直後

食後すぐに腸もみを受けると具合が悪くなる場合があります。食事をして2~3時間は空けてから施術を受けるようにしてください!

腸もみを受けられない方

  • 妊娠中の方
  • 腸に炎症が起きている方
  • 腹部に潰瘍がある疑いがある方

これらの方は、施術を受ける前に主治医の先生に相談の上、許可が下りた場合のみ受けるようにしてください!

セルフマッサージ方法を伝授します!

腸もみはご自宅でも行うことが出来ます!簡単なセルフマッサージ方法をお伝えしますね。

素手でマッサージ

腸もみ

おへその上に右手をのせ、左手を添えて右回りに30回、円を描くようにゆっくりとさすります。
最初はなでるように優しく、慣れてきたら少し強めに大きく円を描くように腸全体を揺らすイメージでやってみましょう!

ストレッチポールでマッサージ

腸もみ、ストレッチポール

ストレッチポールをお持ちの方にとてもおすすめなマッサージ方法です!

イラストのようにうつ伏せになってストレッチポールをおへその下にセットします。軽く体重をかけて腹部を圧迫したまま上下に体を動かしていきましょう。

ご自身が苦しさを感じない程度の圧迫加減で30秒ゴロゴロを動かしていきます!

まとめ

いかがでしたか?
便秘の解消はもちろん、腸もみによって様々な健康効果が期待できるのです!

慢性的な肩コリや腰痛、倦怠感やイライラ…。なかなか改善されない症状は「腸の不調」からきているかもしれません。

からだメンテナンスfuanでは独自の腸もみを行っており、一度受けるだけでも効果は現れますのでぜひご利用ください!

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP