BLOGブログ

外見の老化を進行させる原因とは?若さを保つ方法も伝授します!

外見の老化を進行させる原因とは?若さを保つ方法も伝授します!

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

当サロンの小顔矯正コースを受けに来られるお客様のお悩みの1つに

「見た目を若々しくしたい、若々しく保ちたい」

といったものがあります。

コース内での施術で歪みの矯正やマシーントリートメントでお顔の筋肉を引き締めたりもしますが、そもそも「見た目を若々しく保つ」方法をご存じでしょうか?

今回は、どういったことが見た目の老化に繋がってしまうのか?若々しさを保つ方法は何なのかをお伝えしていきます!

老化に繋がる原因

老化

全身の筋力低下

特にトレーニングなどをしていないと、男性の場合は30代を越えてから、女性の場合は20代後半から筋力低下がみられるようになります。

この筋力を保っていけるかどうかで見た目の若々しさは変わってきます!

例えばお顔の場合は、目の周囲の筋力が落ちることで目が垂れ下がったような状態になります。またお口周囲の筋力が落ちると、口角が下がって、これもまた「老けたなあ」といった印象を周囲に与えることになります。

筋力低下により血行不良も引き起こされるので顔色などにも影響がでてきます。もちろん顔だけでなく腹筋や背筋が弱るとぼてっとしたお腹や、肩が垂れ下がるようになるので年齢以上に老けて見えてしまいます。

大量の活性酸素

活性酸素は少量であれば、僕たちの身体にとってはプラスに働いてくれますが、体内で大量に発生してしまうと、身体の様々な部分を酸化させる(錆びさせる)原因の一つになってしまいます。
活性酸素が発生する原因は様々であり、呼吸をした際に吸い込む酸素の一部が活性酸素となってしまったり、車の排気ガス、たばこ、紫外線、激しい運動や心理的ストレスなども、活性酸素の蓄積を誘発し、老化の原因になります。

季節の変わり目

季節の変わり目は気温の急激な変動によって体に強いストレスがかかります。それによって前述した活性酸素も増加し、老化現象が進行すると言われます。
季節の変わり目ストレスは自分たちの想像以上に体にストレスを与えます。春・夏・秋・冬、年に4回訪れるため、抗酸化力を高めて対策をしていくことが重要です。

では、そんな老化対策にはどのようなものがあるのか、おすすめ方法も含めてご紹介していきます!

若々しさを保つには?

生活習慣を整える

とにかく筋力が落ちないようにエクササイズや軽めの運動を意識して行うことです。
そして、睡眠時間や食生活、日々のストレスも老化の原因になってしまいますので、私生活を見直す必要がありますね。

肝臓のケア

肝臓は「若々しさを生み出す工場」と呼ばれています。
肝臓が酸化によってダメージを受けると、肝臓の機能が低下してしまい、老化が進んでいきます。
さらに肝臓は内臓の中でも酸化によるダメージが大きい臓器と言われているため、いかに酸化を防ぐかが重要になってきます。
そこでおすすめなのが、「コーヒー」です。最近の実験結果で、コーヒーに含まれているポリフェノールの一種「クロロゲン酸」に強い抗酸化効果があるため、肝機能に良い影響を与えることが分かりました。
摂取目安量は1日4杯まで。毎日コーヒーを飲んで若々しさを保っていきましょう!
ちなみに4杯以上になるとカフェインの過剰摂取にも繋がるので気をつけましょう。

ゴマを摂取

ゴマに含まれている「ゴマポリフェノール」という成分に抗酸化作用があり、老化のスピードを抑えることができると期待されています。さらに、紫外線ダメージからも肌細胞をガードしてくれる効果もあるため、これからの季節にはピッタリです。

関連記事はこちら↓


私生活に問題がないにも関わらず、老化を感じるようになっている場合は「身体の歪み」によって代謝が下がっている可能性が高いので、そういった方は整体などで一度身体の状態をみてもらうようにしましょう!

SHARE!

BLOG TOP