BLOGブログ

老化の原因「糖化」について

老化の原因「糖化」について

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

身体を老化させる原因として近年注目を集めている「糖化」という言葉をご存じでしょうか?

耳なじみのある老化原因として「酸化」は有名ですが、この酸化よりもはるかに悪影響を及ぼすものとして「糖化」に注目が集まっています。

今回はその「糖化」についてお伝えしていこうと思います。

糖化について

糖化とは体の中でタンパク質と余分な糖質が結びつき、タンパク質が変性、劣化して、最終糖化物質(AGEs)を生成する反応をいいます。

酸化=身体の「さび」

糖化=身体の「こげ」

糖化が進むと…

ガン、動脈硬化、骨粗しょう症、肌のシミ・シワ

など身体の内外に大きな影響がでてきます。
また、体の中で作られたAGEsは分解されにくく、体に蓄積されると、体内のタンパク質は本来の機能を失って、代謝機能も狂わせます。

その結果、全身の老化を進行させてしまうのです。糖化の怖いところは、毎回の食事で誘発され、老化スピードが圧倒的に早い点です。

この糖化を防ぐためには「食事の順番」を意識しなければいけません。
まずは野菜から食べ始めること。いわゆるベジファーストですね。

野菜→たんぱく質→炭水化物

この順番で食べるようにしましょう。糖も身体のエネルギー源なので、食べないわけにはいきません。また、食事から1時間以内にウォーキングなど軽めの運動を取り入れてあげると糖化防止になります。

糖化はいつ起きる?

身体に糖化反応が起きやすいのは食後1時間と言われています。これは、食後の1時間で血糖値が上昇するため、糖化が起きやすいためです。本文にも書いた通り、食事の順番を意識して食後の血糖値をコントロールできれば「身体のこげ」を防げるというわけです。

また、たばこの煙でも糖化反応が起きるというデータもありました。ご自身の喫煙はもちろん、副流煙を吸うだけでもAGEsが発生するそうです。

その他の糖化防止策について

運動

食事以外で糖化を防止するために大事なことは「運動」です!
食後1時間で糖化反応が起きやすいため、この時にウォーキングや軽めのジョギングをするようにしましょう。また、運動後の水分摂取も、できるだけ水かお茶などの糖分を含んでいないものをチョイスしましょう!

睡眠

睡眠不足によって血糖値の上昇を抑えるホルモンの働きが低下して、食後の血糖値が上がりやすい状態になり、糖化反応が促進されます。
毎日6~7時間の睡眠時間を確保できると、ホルモンバランスも整うため規則正しい生活を送るようにしましょう!

体内の老化は病気の原因になるだけでなく、僕たちの「見た目の老化」にもそのまま影響されます。自分たちの努力次第で老化を遅らせることは可能なので、いつまでも健康で若々しくいるために糖化予防をしっかりとしていきましょう!

SHARE!

BLOG TOP