BLOGブログ

不調の原因は内臓の冷え?改善方法もお伝えします!

不調の原因は内臓の冷え?改善方法もお伝えします!

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

寒い日が続いておりますが、日頃皆さんはご自分のお腹を触っていますか?

お腹を触った時に、部分的に冷えている箇所があるかもしれませんが、これは「内臓が冷えている」可能性が高いです。

普段から触っていないと気が付かないことですが、内臓の冷えは身体に様々な症状を引き起こしてしまいます。そこで今回は、「内臓の冷えからくる不調」についてまとめていきたいと思います。改善方法もあわせてお伝えをしていきますので、すぐにでもお腹に手を当てて自分は大丈夫かどうかチェックしてみてください!

内臓の冷えからくる不調

便秘
  • 肩こり・腰痛
  • 手足の冷え・むくみ
  • 肌荒れ
  • 下痢・便秘
  • 寝ても疲れが抜けない
  • 睡眠の質の低下
  • 太りやすく痩せにくい

このように内臓の冷えは生活のパフォーマンスを低下させる様々な症状を引き起こします。

以前は「痩せている人」に多く見られた症状なのですが、食生活の変化によって体型や性別関係なく起こる症状になっているようです。
ちなみにどのぐらいが冷えているかの比較方法として、心臓の辺りは体温が高いのでお腹と心臓を同時に触って比較すると分かりやすいですよ。

なぜ内臓が冷える?

そもそもなぜ内臓が冷えてしまうのか?どのような人に起こりやすいのかを箇条書きでお伝えしますね。

  • 筋肉量が少ない
  • 運動をしていない
  • 姿勢が悪い
  • 冷たい飲み物や甘いものをよく食べる

このような方々は内臓の冷えが起こりやすいです。姿勢が悪い、運動をしていないなど、血流が悪くなるような習慣がある方は特に要注意です!

では、内臓の冷えを改善させるにはどうすればよいのか?
それは、「生活習慣を変える」必要があります。

内臓の冷えを改善させるには?

  • 冷たい飲み物は控える
  • 適度な運動で全身の血流を良くする
  • 湯船に10~15分ゆっくりと浸かる
  • 冬は特に腹巻を利用してお腹を温める
  • 声を出す

運動をしたり、湯船に浸かるなど「血流を促す」ことが冷えの改善には大切なことです。また、声を出すと、横隔膜が刺激され、連動して腸の血流も良くなっていくため冷えの改善や予防につながります。在宅ワークの方が増えている現在、声を出す機会も減っているかと思います。本格的な寒さが続いておりますので、内臓の冷えの予防・改善に努め、身体の不調を引き起こさないようにしていきましょう!

SHARE!

BLOG TOP