BLOGブログ

猫背はなぜ悪い?身体に及ぼす悪影響について

猫背はなぜ悪い?身体に及ぼす悪影響について

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

今回は猫背特集です!

当サロンに足を運んでくださるお客様のお悩みで「猫背」はとても多いです。意識していないと背中が丸くなっていくという方がほとんどですね。

猫背が身体に良くないということは皆さまご存じかと思いますが、具体的にどのような症状がでてくるのかはご存じでしょうか?

当たり前に知っているような症状から、意外な症状までまとめていこうと思います!最後までお読みいただくと、しっかりと猫背を改善させないと!という意識が高まるかと思います。

猫背とは?

そもそも猫背は背中の筋肉とお腹の筋肉のバランスがとれていないことから起こります。長時間のデスクワークで背骨が丸まるクセがついてしまうことも原因の1つですね。
改善させるにはエクササイズなども必要になってきますが、マッサージや整体で筋肉の柔軟性を出してあげるだけでも改善に向かっていきます!

猫背が及ぼす影響

スマホなどが普及している現代では、猫背になることで首の湾曲がなくなり「ストレートネック」になる方が急増中です。

この湾曲がなくなることで首だけでなく慢性的な腰痛やぎっくり腰なども引き起こすこともあります。また、座位では前のめりの状態になるので腹部への圧迫も大きくなり、内臓機能の低下も招いてしまいます。便秘や消化器障害がいい例ですね。
さらには、前のめりな状態というのは肺が圧迫されるため、酸素を吸い込む量が不足して全身の血行不良や集中力の低下などが起きます。

まだまだ猫背が及ぼす影響はあります!ここからは箇条書きでお伝えします。

  • 頭痛
  • 眼精疲労
  • 二重あご
  • ぽっこりお腹
  • 手足のしびれ
  • 骨盤が歪みお尻が垂れる
  • 背中や腰の痛み

いかがでしたでしょうか?猫背からこれだけの症状が引き起こされてしまいます。

猫背は骨盤を立てるように座るだけでも自然に上半身が伸びてくるので、気が付いた時だけでも構いませんのでやってみてください!
最後に、猫背を少しでも改善させるための方法をお伝えします。

猫背改善方法

良い姿勢をキープする

実は猫背はいい姿勢を意識して取り続けるだけでも改善されていきます。背筋を伸ばしているだけでも意外と疲れてきませんか?これは、いわゆるインナーマッスルが刺激されて鍛えられているんです!もちろん1日や2日続けるだけでは意味がありませんので、できるだけ毎日意識するようにしていきましょう!

インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルの筋力が低下することも、猫背の原因のひとつです。そのため、インナーマッスルを鍛える筋トレをしたり、日常生活に軽めの運動を取り入れたりしましょう。
簡単にできるおすすめの筋トレ法は「ドローイン」です。やり方をお伝えしますね。

  1. 鼻から息を吸い込みお腹を膨らませる
  2. 10秒かけて鼻から息をゆっくり吐いて、限界までお腹を凹ませる
  3. これを5回繰り返す

これを空き時間にやってみてください。簡単にインナーマッスル(特に腹横筋)が鍛えられるトレーニング法なのでとてもおすすめです!

骨盤矯正をする

そもそも骨盤が歪んでしまっていると、良い姿勢を意識していても効果が現れにくいです。
長時間のデスクワークなどによって、骨盤の歪みが猫背の根本原因になっている方がとても多い現代です。ご自身の力ではどうすることもできない問題ではありますので、ぜひお近くの整体サロンで一度お身体の歪みをチェックしてみてはいかがでしょうか?
からだメンテナンスfuanでも骨盤矯正を行っております。猫背の改善やお身体の歪みが気になる方、お近くにお住いの方はぜひ足をお運びください!

ご予約はこちらから

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP