BLOGブログ

足が太くなる歩き方とは?

足が太くなる歩き方とは?

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

「足音だけで〇〇さんが来たってわかる!」

このように言われた経験はございますか?

足音に特徴があったり、大きいというのは実は「足が太くなるような歩き方」になっているんです。その理由をお伝えしていきますね。

足が太くなる歩き方とは?

歩き方

ペタペタ歩き

特にO脚の方に当てはまることが多いのですが、ペタペタと大きな足音をたてながら歩き方といのは足が太くなります!
足音が大きいということは、地面に足を打ちつける力が強いです。そうなると、地面からの反発力も大きくなってしまうので過剰に足を踏ん張る力が強くなっていきます。

それを毎日続けていくことで常に足が力んだ状態になっていくので、徐々に徐々に太くなっていくんですね!

そういった方は太くなるだけでなく、足裏やふくらはぎの筋肉が常にパンパンに張っているので足の疲労が抜けません。さらには慢性的な冷えやむくみにも発展していく可能性が高くなるので、歩き方には注意が必要です。

足音をたてないように、そ~っと歩きましょうとまでは言いませんが、「足を優しく地面に置く」ぐらいの気持ちで歩くようにしてください!日々の積み重ねで足の太さも変わっていきますよ♪

ヒールの高い靴を履いている

足やお腹の筋肉が弱まった状態でヒールの高い靴を履いてしまうと、体が前重心になってしまい、バランスをとるために上半身が後ろに反ってしまいます。それにより、太ももの前側にある「大腿四頭筋」が収縮し、足が太くなっていきます。

足が太くなる立ち方

これは比較的女性に多い立ち方で、腰を反らしたいわゆる「反り腰」と呼ばれる、お腹をつきだした立ち方です。反り腰になってしまうと、重心が前にかかり、太ももの前側にある「大腿四頭筋」の張りが強くなり太ももが太くなっていきます。
ちなみに、腹筋が弱っていくことが反り腰の原因になります。多くの方が筋力低下によって姿勢の崩れが引き起こされてしまうので、筋肉には定期的に刺激を与えていく必要がありますね!

また、立ちっぱはしの方は血行不良が起きて、「むくむ」ことによって足が太くみえてしまいます。そういった方は「かかとの上げ下げ運動」をしてみてください!隙間時間で1分でもやってあげると、ふくらはぎが刺激されポンプの役割を果たして心臓へ血液を押し戻します。むくみ対策を忘れずにやっていきましょう!

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP