BLOGブログ

強揉みマッサージは症状を悪化させる?!

強揉みマッサージは症状を悪化させる?!

こんにちは!

志木の隠れ家整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

整体やマッサージ店に定期的に通っているが肩こりや腰痛、頭痛がすぐに元の辛さに戻る…。このような方々は筋肉を強く揉まれすぎている可能性があります。筋肉を揉まれるのになぜ余計に硬くなってしまうのか…。その理由をご説明いたします。

なぜ強めにマッサージを受けると症状が悪化するのか??

まず筋肉が強く揉まれると、脳が「強い刺激が身体に加わっている、守らなければ!」と、防御反応が起こり余計に筋肉を固めてしまいます。

そして、強く揉まれた筋繊維は損傷します。損傷した筋繊維はそのままにしておけば自然と修復されますが、修復の際に、より太く硬い筋となってしまうのです。つまり、強く揉まれれば揉まれるほど柔らかくなるどころか、硬くなっていってしまいます。症状は悪化していってしまうというわけです。

身体の改善のために通っているのにこれでは本末転倒。強く揉まれたい気持ちはよく分かります。だって凄くスッキリするから。あの施術後のスッキリ感を求めて整体やマッサージ店に行かれる方は多いんです。

そのスッキリ感を目的としているのであれば話は別ですが、改善のために通っているのであれば、適度な強さ(気持ちいいと感じる程度)で施術を受けるようにしてください!

また、もう何年も強揉みマッサージを受けてしまっている方は

騙されたと思って、ただなでるだけの優しいマッサージを5回受けてみてください!(施術時間は60分)

何も感じない…

こんなマッサージ意味あるの??

そう思われるかもしれませんが、揉まれ過ぎてガチガチに固まった筋肉は表層からじっくり撫でていかないと柔らかくなっていきません!
5回ほど施術を受けていただければ、強く揉まれるよりも筋肉が柔らかくなる感覚を実感していただけるかと思います。

当サロンでの施術について

僕は問診の段階で「強めに揉んでください」と言われれば、申し訳ないですが施術を拒否してそのまま帰っていただくようにしています。このブログを見ている方で強い刺激をお求めの方は他の店舗にいくようにしてください。

からだメンテナンスfuanではソフトで心地良い刺激の施術を行っています。身体に負荷をかけない慢性痛に特化した優しい施術なので、痛みに敏感な方からお年寄りまで安心して受けていただけます。そして、このソフトな刺激が筋肉の過緊張を防ぎ、「凝り」や「痛み」の根本改善に繋がります。

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP