BLOGブログ

未来の健康のための入浴法

未来の健康のための入浴法

おはようございます!

志木の隠れ家整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

私たちが肩こり・腰痛で悩まされず、健康を維持していくために大事なこと、それはいかに日常生活で健康を損なわない行動ができるかです!

これは私たち整体師が常日頃からお客様に話していることで、骨格の歪みも日常生活の注意の仕方一つで変わります。

将来の健康度合いはその日の皆さんの行動次第で良い方向に変わりますのでぜひ意識してください。

未来の健康のための入浴法

では今日は、身体の歪みとは関係ないですが入浴時の注意事項についてお話しをしていきます。

仕事中などで姿勢や荷物の持ち方を意識している方は多いですが、意外と入浴を意識している方は少ないです。

①湯船に浸かるときはぬるま湯

熱いお湯に浸かると気持ちがいいので、ついついやってしまう方は多いと思いますが、実は熱いお湯は皮膚を保護する物質を流してしまうのです。

理想は38~39度ぐらいのぬるま湯に15分程度浸かり、ボディクリームなどで保湿することがおすすめです!

また、熱いお湯に浸かった後は疲れがとれてよく眠れるといいますが、これは熱いお湯に入ることで自律神経が体温をコントロールするために汗をたくさんかかせフル稼働します。

つまり運動をした後のように体が疲れてよく眠れるだけなんです!

ぬるま湯に浸かって自律神経を休ませるようにしてください。

②力強く体を洗わない

この理由としては「皮膚に負担をかける」からです。

体に垢はたまっていきますが、本来この垢は湯船に浸かっていればひとりでにはがれていくものです。

洗顔のときに、洗顔料を泡だててなでるだけで汚れが落ちるように、体も泡でなでるだけで汚れは落ちます!

ガシガシ洗ってしまうと皮膚を傷つけてかゆみの原因になったり、傷口から病原菌が入り込んでしまう可能性もあります。

ちなみに温泉などにある「垢すり」なのですが、もちろん垢は落ちますが皮膚へのダメージは相当なものです…。

営業妨害になってしまうので、絶対にやるなとはいいませんが、くれぐれも気をつけましょう!

このような健康を損なわない行動。細かいところですが、未来のために意識して取り組んでみてください!

志木・新座で整体をお探しの方はこちらからご予約下さい

【サロン情報】

〒352-0001

埼玉県新座市東北1-14-4セゾンけやき102

からだメンテナンスfuan

東武東上線志木駅南口から徒歩5分

定休日:なし

駐車場:あり

SHARE!

BLOG TOP