BLOGブログ

デブ菌とは?何をしても痩せられない理由をお伝えします!

デブ菌とは?何をしても痩せられない理由をお伝えします!

デブ菌があることでせっかくダイエットをしても痩せにくくなっていることをご存知でしょうか?

「デブ菌は知っているけど実際どんなものなの?」

「どうすればデブ菌は減らせる?」

そんなデブ菌について、なぜ太りやすくなってしまうのか?減らすにはどんな食生活にすればいいのか?デブ菌についてまとめていきたいと思います。

これからダイエットをしようと考えている方は、始める前に今回の内容を一度チェックしてみてください!

デブ菌とは?

デブ菌とは、その名の通り腸内に多く存在すると太りやすくなってしまう菌です。

脂肪や糖をため込む性質があり、いかにデブ菌の少ないカラダにできるかが、ダイエット成功のカギを握っています!

そもそも腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分けられます。理想的な腸内環境とは、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の割合が2:1:7といわれています。

デブ菌は、この3つの中のうち日和見菌の一種になります。ちなみに、デブ菌の反対で脂肪を燃焼させて痩せやすいカラダにしてくれるのが「やせ菌」です。

腸内に生きる日和見菌は、食生活によって「デブ菌」にも「ヤセ菌」にも変わることが可能なんです。

デブ菌があるとなぜ太る?

デブ菌は、食べた物から必要以上にエネルギーを取り込み体に脂肪として蓄えてしまう働きがあります。

デブ菌や痩せ菌でもある日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の「優勢なほうに味方する」性質があるので、腸内の善玉菌が多ければ善玉菌に味方をして腸内環境を整え、逆に悪玉菌が多ければ悪玉菌に味方をして腸内環境を荒らしてしまいます。

ここでポイントになるのが、「痩せ菌は善玉菌を好み、デブ菌は悪玉菌を好む」ということです!

腸内環境が悪玉菌優位な状態になってしまうと、デブ菌が増殖されてしまい、脂肪が蓄積しやすい状態になってしまうのです。

この状態になると「水を飲んだだけでも太る」と言われています…。

太りにくく、痩せやすい体にするにはデブ菌を減らし、痩せ菌を増やしていくことが重要になっていきます!

腸内環境チェック

みなさんの腸内環境はどうなっているでしょうか?デブ菌が多いか、痩せ菌が多いのかチェックしてみましょう。下記の項目にご自身がいくつ当てはまるか確認してみてください。

  • 基本的に朝食は食べない
  • ほぼ毎日コンビニ弁当を食べている
  • ファストフードをよく食べる
  • 毎日アルコールを摂取する
  • 夕飯を20時以降に食べることが多い
  • 水分はあまりとらない
  • 糖質制限ダイエットを2か月以上続けている
  • 一日の運動時間は30分以下
  • 下剤を服用している
  • 冷え性である
  • 花粉症などのアレルギーに悩んでいる
  • すぐに疲れてしまう
  • すぐにイライラしてしまう
  • 便秘ぎみ・下痢ぎみ
  • 肌荒れしやすい
  • 肉類をよく食べている
  • ストレスを感じている

10個以上当てはまるという方は、デブ菌が多い可能性があります。項目をみても分かる通り、生活習慣や食生活を改善させるだけで、デブ菌は減らしていくことができます!

デブ菌が増える食べ物とは?

では、デブ菌が増えてしまう食事とはどのようなものかまとめていきます。

デブ菌の大好物は高脂肪、高脂質などの高カロリーな食べ物で、「白砂糖、加工肉、小麦粉、揚げ物、冷たいもの」といった具合です。
ラーメンやハンバーガーなどファストフード類もデブ菌を増やす食べ物です。こういった食べ物をできるだけ控えることで、デブ菌を減らして太りにくいカラダにしていくことができます。

デブ菌を減らす食べ物

それでは、デブ菌を減らしていくために積極的に摂取したい食べ物を挙げていきます。ダイエットを始めるにあたってとても大切な食材になるのでぜひ参考にしてください!

納豆

納豆に含まれる納豆菌がデブ菌を減らすといわれています。注意したいのが、ご飯と一緒に食べると糖質過多になるため、そのまま食べるか、発酵食品でもあるキムチなどとまぜて食べると腸内環境も整うのでおすすめです。

酢キャベツ

酢が悪玉菌の繁殖を抑え、キャベツに含まれる食物繊維の働きで腸内環境が整うので、デブ菌の繁殖を抑えられます。

もち麦

よく耳にすることが多い「もち麦」ですが、「β-グルカン」と呼ばれる食物繊維の一種で、腸内環境を整えてくれます。
しかも、もち麦の食物繊維量は、白米、玄米、ごぼうなどと比べても圧倒的に多いため、腸内のデブ菌を減らすにはピッタリです!

たまねぎ

善玉菌や痩せ菌が好物とする食物繊維やフラクトオリゴ糖が豊富です。

豆腐

豆腐に含まれる大豆オリゴ糖が善玉菌のエサになります。絹ごしでも木綿豆腐でもOKです。

油っこい揚げ物やスナック菓子、甘いスイーツや砂糖たっぷりのドリンク類など、 こうした食品を好んで食べていた場合は腸内にデブ菌が増えているかも知れません。
まずはデブ菌の好む食品を控えることが、太りにくい体質を作る第一歩です。

痩せ菌を増やそう

ここまでデブ菌についてまとめてみましたが、「痩せ菌」についても触れていきますね。

痩せ菌は、「水溶性食物繊維をエサ」にして、短鎖脂肪酸という物質を作り出します。
この短鎖脂肪酸には、「脂肪の蓄積を抑えたり、全身の代謝を活性化して余ったエネルギーを消費しやすくする働き」があります。痩せ菌が増えれば増えるほど、痩せやすいカラダになっていくというわけです!

そんな痩せ菌を増やしてくれる食材についてざっくりとまとめていきます。

海藻類:わかめ、昆布、めかぶ、もずく

キノコ類:なめこ、しめじ、えのき

野菜類:オクラ、山芋、モロヘイヤ、明日葉、 らっきょう、エシャロット、ごぼう、キャベツ

果物類:アボカド、プルーン

納豆、寒天、もち麦など。

まとめ

いかがでしたか?デブ菌の多いカラダでは、正直ダイエットを成功させるのは難しいです…。

ですが、デブ菌さえ減らしていくことができれば、苦労することなく痩せることが可能になります!

デブ菌を減らすポイントは「食事」

今回挙げたような食材を意識的に摂取して、痩せやすいカラダを手に入れてください!できるだけ苦労せずに楽しくダイエットができるといいですよね。

SHARE!

BLOG TOP