BLOGブログ

見た目年齢を老けさせる原因は毛細血管にある?!若見えのための秘訣を解説します

見た目年齢を老けさせる原因は毛細血管にある?!若見えのための秘訣を解説します

毛細血管の老化が僕たちの体の老化に関係しているということをご存じでしょうか?

「あの人、私と同い年なのに10歳ぐらい若く見える…」

「僕って年のわりに老けて見られてしまう…」

周囲の人と比べながらこのように思ったりしたことは一度はあるかと思います。

そういった外見の違いは「毛細血管」の健康度合いによって変化がでてくるものなんです!

今回のブログでは、なぜ毛細血管が外見に変化をもたらすのか?どのようなケアをすれば若々しくみられることができるのかをお伝えします。

毛細血管のケアができれば「見た目年齢マイナス10歳」も夢ではありません!ぜひ参考にしていただけたらと思います。

毛細血管は酸素と栄養を筋肉や臓器に送り届ける働きをしています。

皮膚に酸素や栄養が届かなければ、シミ・シワなどお肌のトラブルの一因になります。また、肝臓や肺など、臓器の毛細血管が減れば、様々な機能低下や病気が起こる可能性もあります。年をとるほどお酒が弱くなったりするのは、毛細血管の減少が要因のひとつと考えられるようになっています。

毛細血管とは?

毛細血管

体の血管には、「動脈」「静脈」「毛細血管」の3種類があり、その血管の99%は毛細血管が占めています。

毛細血管は「酸素と栄養を各細胞に送り届ける働き」をしており、全身にくまなく張り巡らされ、最終的には老廃物の回収もしてくれるという働き者です。

さらに「免疫物質」を運ぶ役割もあり、体内に細菌やウイルスが侵入してきた際に、即座に免疫物質を送り込み、細菌やウイルスを撃退し、病気などのリスクを減らしてくれます。

毛細血管の働きまとめ

  • 全身に酸素を届けて二酸化炭素を回収する
  • 全身に栄養を送り、不要な老廃物を回収する
  • 免疫物質を全身に運び、細菌やウイルスから体を守る
  • 全身に成長ホルモンを運び、健康状態を維持する

毛細血管が老化するとどうなる?

もしも血行不良になってしまうと、毛細血管が酸素や栄養、免疫物質を運ぶ力が低下してしまい風邪をひきやすくなってしまったりと、様々な不調に陥りやすくなります。

老けてみられる人というのは、まず皮膚がくすんでいたり、たるんでいることが多いです。これは、血行不良によって毛細血管から肌の細胞に栄養がしっかりと送られないためにハリや潤いがなくなっていくのです。

特に目元には毛細血管が多く集まっているため、クマが現れやすくなったりもします。

つまりは、毛細血管をしっかりとケアしていくことが、健康だけでなく「見た目年齢」にも影響してくるということです!

その他にも、毛細血管の老化によって以下のような症状が現れます。

  • 骨がもろくなっていく
  • 冷えとむくみの原因になる
  • 腸内環境が悪化する
  • 抜け毛が増える

このように、いかに若々しさを保てるかは「毛細血管の健康状態」にかかっているのです。

いつ頃から老化が始まるのか?

毛細血管の健康状態は20代をピークにして30代から徐々に老化が始まり、数も減少していきます。50~60代になると20代の頃と比べて約40%の毛細血管が失われるそうです…。

それだけの老化現象が起こるのであれば、どう考えても顔は老けていきますよね?

そんな老化現象は食い止めることはできないのか?諦めてしまいそうになりますが、ご安心ください!

これから血管を柔軟にしていったり、毛細血管を増やしたりすることはできるんです!

毛細血管の老化を防ぐには?見た目年齢を下げていこう!

ではここからが本題の毛細血管を元気にして、外見を若々しく生まれ変わらせる方法をお伝えしていきます!どれも難しいことはなく、ほんの少しの努力で変えていくことができるので、ぜひ頑張ってやってみてほしいなと思います!

血流アップ

やはり大事になるのが血行促進させていくことです。

血液が元気に流れていかないことには、毛細血管を元気にさせることはできません!

そこでおススメしたいのが、「頭部マッサージ」です。頭や顔の血液循環を継続して良くしていくと、皮膚に栄養がいきわたることになり、肌のハリや弾力が生まれ、くすみも解消されていきます。

マッサージをしていくタイミングは「寝起き・お昼休憩・お風呂上り」にそれぞれ1分、「こめかみ」を心地いい力加減で揉みほぐしてみてください。

たったの1分でも毎日の継続で、健康な毛細血管をつくることができ、見た目年齢を下げていくことができますよ!

睡眠時間を確保する

睡眠中は「成長ホルモン」が分泌されて、その日1日の身体のダメージを修復してくれます。その成長ホルモンを全身に届けるのも毛細血管の働きの1つです。

睡眠時間が短くなると、受けたダメージが十分に回復せずに徐々に身体は衰えていきます。

6~7時間の睡眠時間を毎日確保することができると、ダメージも蓄積されずに毛細血管の健康も保つことができます。

運動

毛細血管を柔らかくしていくためには、筋肉を柔軟にしていく必要があります。そのために「適度な運動」をしていくことが重要です。

あまり運動習慣がない方にとっては、毎日継続させるのは急には難しいかと思います。

徐々に運動に慣れていくために、「週2日の10分ウォーキング」から始めてみましょう!

体に酸素を取り入れながら体を動かす「有酸素運動」は、血行促進に繋がり、血管を柔らかくする効果があるため、血管の若返りを助けてくれます。

ウォーキングをするタイミングはご自身の生活スタイルにあわせて行いましょう。

朝に時間的な余裕がある方であれば早朝ウォーキング、朝は慌ただしく動いている方であれば帰宅後に歩いてみるのも問題はありません。

ご自身がストレスに感じないタイミングを見つけてウォーキングを継続させていきましょう!

ルイボスティーを飲む

毛細血管の老化の原因の1つに体内での「活性酸素」の発生が挙げられます。

活性酸素は過度なストレスによって体内に発生してしまうのですが、ルイボスティーには活性酸素を中和する「フラボノイド」が豊富に含まれています。

さらに、動脈硬化、糖尿病、胃弱や便秘、ストレス緩和など、様々な健康効果があるといわれているので、水分補給のためにもぜひルイボスティーを飲むようにしてみて下さい!

ココアを飲む

ココアに含まれている「フラバノール」の効果によって、血流がアップし、悪玉コレステロールも減少する効果が期待できます。
これは実際の実験結果で明らかになったもので、1日に450mgのフラバノールを2週間摂取したことで、血管が拡張し、血圧が下がったそうです!

ちなみにココアオレのような砂糖が多いものになると、効果が激減するそうなので、ココア100%の純ココアを飲むようにしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように、見た目年齢の違いが生まれるのには理由があります。ストレスの多い生活をしていることも老ける理由として挙げられますが、そもそも「血管のケア」をしていけばストレスによる老化も防ぐことができるのです!

アンチエイジングのための秘訣がまさか血管にあるとは思わなかったかと思いますが、老ける原因が分かればケアをしていくことは可能ですよね?

ぜひ今回の内容を参考にしていただき、「見た目年齢マイナス10歳」を目標に頑張っていただけたらと思います!

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP