BLOGブログ

痩せやすい体質になる習慣8選

痩せやすい体質になる習慣8選

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

ストレスの多い食事制限は辛い…

ウォーキングやランニングを続けるのは大変…

ダイエットをしている方はこのような悩みに直面するかと思います。正直、食事制限や運動をずっと続けていくのは辛いですよね?
でも、そもそも太りにくく「痩せやすい体質」にさえなっていれば、こんなつらい思いをしてまでダイエットをする必要はありません!

日々習慣になっている太りやすい行動を「あるもの」に変えるだけで痩せやすい体質に変えられる!今回のブログでは、そんな「あるもの」をご紹介していきます。頑張っているのになかなか痩せることができない方は、ほんの少し行動を変えるだけでいいんです!ぜひ今回の内容を参考にしてみて下さい!

痩せやすい体質になる習慣8選

菓子パン→おにぎり

パンよりもご飯の方が水分量が多く、満腹感が得られます。炭水化物は重要なエネルギー源なので、完全に抜くことはおすすめしません。脂肪燃焼させるためには実は炭水化物(糖質)が必要なんです!

早食い→よく噛んで食べる

よく噛んで食べることで、食事をゆっくりと済ますことができます。そうすることで、血糖値の上昇が緩やかになり、脂肪の蓄積を防げます。また、満腹中枢も刺激されるので食べ過ぎを防ぎます。早食いはたくさん食べてしまうので間違いなく太ります!ご注意を!

おやつ→たんぱく質のもの

スナック菓子やケーキは高カロリー・高糖質・高脂質!しかも高カロリーな割に栄養は少ないです。
ゆで卵やプロテイン、ナッツ類などたんぱく質食品に変えていきましょう。たんぱく質食品は満腹感や満足感も得ることができるんですよ♪

ごろ寝→ちょこまか動く

部屋でごろごろとしているよりは、掃除や洗濯、洗い物などほんの少しでも身体を動かすようにしましょう!身体を動かすときに使われる「生活活動代謝」を高められるようにしてください。あまり食べていないのに体重が増加している方は、この生活活動代謝が低いです!

甘い飲み物→水、お茶

糖質過多の飲み物よりも水やお茶、お白湯を飲むようにしてください。その際、コーヒー・紅茶などは利尿作用があるので水分摂取という意味では適していません。ただ、カフェイン飲料は脂肪燃焼効果を高めるので、運動前に摂取するのはおすすめです。

シャワーだけ→湯船に浸かる

体質改善していくためには体温を上げることが必要です。冷えていると血液循環も悪くなり脂肪も蓄積しやすくなります。体温が1度上がると基礎代謝が約12%上がります。毎日湯船に浸かって身体を温めるようにしてください!
理想的な入浴方法は、38~40度のぬるま湯に20分浸かること。個人的に、半身浴よりはしっかりと全身浸かった方が体温が上がり効果的だと感じています。

毎日飲酒→控えめに

基礎代謝のうち3割は肝臓によって消費されています。そのため、アルコールによって肝臓に負担がかかってしまうと働きが悪くなり基礎代謝の低下に繋がります。

早寝早起きをしよう

睡眠中に分泌される成長ホルモンが痩せやすい身体をつくってくれます。ゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時の間はしっかり寝ていることが望ましいです。
また、早起きをして太陽の光を浴びるようにしましょう。幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が分泌されて食事の満足度が高くなり過食防止につながりますよ♪

体質に遺伝って関係する??

よくお客様から質問を受けるのですが、「太りやすい、痩せやすい体質って遺伝ですか??」
これに関して、遺伝は関係すると思います。まじか~!とがっかりする方もいるかと思いますが、太りやすい人というのは肥満遺伝子というエネルギー代謝に関係している遺伝子が存在します。
肥満遺伝子を持っていない人と比べると僅かですが基礎代謝が低くなってしまいます…。
ですが、遺伝子を持っていようが本文で挙げたような食習慣や運動習慣を変えることでカバーできる程度のものです!
太りやすいかどうかは「遺伝2割、生活習慣8割」と言われています。つまり、痩せやすい習慣を身につけていけば遺伝子なんて関係ないというわけです!

いかがでしたでしょうか?毎日のちょっとした努力や行動でダイエットは成功します。太りやすい習慣のものでついついやってしまっていたことを、痩せられる習慣のものにに変えていきましょう!ダイエットはほんの少しの積み重ねが成功のカギを握ります!

↓こちらの記事も人気です↓

SHARE!

BLOG TOP