BLOGブログ

1日3食は食べ過ぎ?

1日3食は食べ過ぎ?

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

今回は「1日3食の健康リスク」についてお伝えします。人によって1日3食しっかり食べる方や1日2食で済ます方。いやいや、1日1食が健康に良い!という方など、様々な考え方が出回っていますね。

成長段階にある子供の頃は栄養面のことを考えると、1日に3食は絶対に必要かなと僕は考えていますし、このブログでも度々1日3食は食べましょう!とお伝えをしてきました。

ですが、ある程度成長も止まってからの1日3食は食べ過ぎな「場合も」あります。
一体どっちなの??
今回はなぜ1日3食が食べ過ぎなのか?どのような食生活が理想なのかお伝えをしていきます!

1日3食が食べ過ぎな理由

糖質制限

その理由は「内臓が疲れてしまう」から。
内臓は食べ物を消化し、便として排出するまでに長い時間をかけて働き続けます。
「胃」、「小腸」、「大腸」の3つで、どのぐらいの時間をかけて消化→排出されていくのかをみていきましょう。

胃:3~4時間

口から入ってきた食べ物を消化させる

小腸:5~8時間

栄養や水分を吸収する

大腸:15~18時間

小腸で吸収されなかった水分を吸収し、便にする


このように、便として排出されるまでにかかる時間は健康な人であれば約18時間です。
1日に3食も摂ってしまうと、常に内臓が働き続けて休むことができません。最近の研究では、内臓が働き続けることが「老化の原因」や「病気のリスクを高める」ことに繋がることが発表されています。

ではどうすれば??

ここまでの話は、「3食すべて満腹まで食べたら」内臓に負担がかかってしまうということです。
ということで、僕個人のおすすめとしては

腹八分目で済ます

朝食だけプロテインor温かい飲み物


「腹八分目を心がける」と、内臓を休ませられます!生物が睡眠で身体を休ませるように、内臓にも何もさせず休ませる時間をつくってあげてください!
また、固形物が入らなければ内臓への負担は減ります!朝食だけプロテインでたんぱく質を摂取するか、白湯やお茶などの温かい飲み物で内臓を活性化させるのも良いと思います!

SHARE!

BLOG TOP