BLOGブログ

夜中に足がつる原因とは?

夜中に足がつる原因とは?

こんにちは!

志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

季節の変わり目や、急激な気温・気圧の変化がある時は身体の調子が悪くなりますよね?これは自律神経の乱れによることが多いですが、特にこの時期は寝ている間に足がつってしまう方が多いです。

今回は、夜に足がつる原因を3つお伝えします。

夜中に足がつる3つの原因

足の冷え

布団から足を出していて、そのまま冷えて筋肉が硬くなります。かなり夜が寒くなってくる時期ですが、冷やさないように布団はしっかりとかけましょう!

筋肉疲労

1日の疲れが抜けきれずに筋肉疲労により、足がつります。特に多いのはふくらはぎです。寝る前に5分でもいいのでストレッチをするといいですよ。

寝汗で水分とナトリウムが減少

寝汗や呼吸によって体内の水分が減少したり、ナトリウム(塩)が減少することで筋肉の痙攣が起こります。寝る前にスポーツドリンクを1杯飲むと良いです。

ちなみに、「ポカリスエットは予防」に「アクエリアスはつった時」に飲むように成分が調整されているようですよ!

寝る前にマッサージをしているのによく足がつってしまうという方も多いですが、そういった方は3つ目のナトリウムの減少が原因かもしれません。

スポーツドリンクは常に常備しておくと良いですね!

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP