BLOGブログ

医者も青ざめる?!リンゴの健康効果とは?

医者も青ざめる?!リンゴの健康効果とは?

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

今が旬の「リンゴ」

この「リンゴの健康効果」を皆様はご存じでしょうか?
リンゴには100種類以上のポリフェノールが含まれていて、たくさん食べる青森県の方々は「高血圧」が少ないそうです。

さらに、「リンゴが赤くなると医者が青ざめる」と言われるほど、健康維持のための効果が抜群です!今回はそんな最強果物リンゴの健康効果をまとめていきたいと思います。これを読むとすぐにでもリンゴが食べたくなるはず?!

リンゴに含まれている栄養成分

まず、リンゴに含まれている栄養成分は…

  • ポリフェノール
  • ビタミンC
  • 食物繊維
  • たんぱく質
  • カリウム
  • リンゴ酸

リンゴの健康効果

リンゴ

コロナ&インフルエンザ予防

リンゴに含まれている「ケルセチン」というポリフェノールが抗ウイルス効果と抗炎症作用があるといわれているため、コロナウイルスやこれから流行りだすインフルエンザ予防に効果が期待できます。
ちなみにこの「ケルセチン」はリンゴの皮にも含まれています!

疲労回復効果

リンゴには「クエン酸」や「リンゴ酸」が多く含まれています。これらは、疲労物質である「乳酸」を分解してくれる働きがあるため、日々の疲労を取り除いてくれる効果があります。

便秘解消効果

リンゴには「ペクチン」と呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。このペクチンは腸内で善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれる効果があるので便秘解消には効果的です!

ダイエット効果

リンゴポリフェノールの中の「プロシアニジン」には脂肪の蓄積を抑制する働きがあることが分かっています。ダイエット中は果物を控える方が多いかと思いますが、リンゴは食べ過ぎなければ肥満を予防する効果が期待できます。
また、低カロリーで腹持ちの良さも大きな特徴なので、間食をやめられない方は、リンゴを食べるようにするのもおすすめです!

いかがでしたでしょうか?
これだけの効果をみると、たしかに医者も青ざめるというのは納得がいきますね!果汁たっぷりの美味しいリンゴをぜひ旬なうちに食べておきましょう。1日の摂取目安量は1/2個です。1人で丸々1個食べるのは食べ過ぎになりますのでご注意を!

ちなみに…。
皆様、リンゴの皮まで食べていますか?ほとんどの方が皮をむいてから食べるかと思いますが、この皮には果肉に比べて約4倍のポリフェノールが含まれています。また、皮に多く含まれる繊維の働きによって腸の働きを活発にし、消化吸収を助ける効果もあります。ダイエット中は便秘になる方も多いので、様々な健康効果を考えると、皮も一緒に食べると良いかもしれません。

SHARE!

BLOG TOP