BLOGブログ

偏頭痛はなぜ起こる?整体での対処法について

偏頭痛はなぜ起こる?整体での対処法について

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

頭が痛い…、怠くなってきた…。明日は雨かな…?
このように低気圧が近づいてくると頭痛などの不調が現れる方は多いかと思います。正直なところ、体質的なところもあるので完全に改善させることは難しいんです…。
ですが、不調を緩和させたり、辛さが出る前に対処できることはたくさんあります!今日は雨の日や気圧の変動などで起こる片頭痛にスポットをあててお伝えしていこうと思います。

片頭痛とは?

頭の片側、あるいは両側に発作的にズキズキと痛みが生じるのが片頭痛です。
こめかみ付近に痛みが生じることが多く、数時間から、ひどい場合は数日間痛みが続きます。また、吐き気や嘔吐を伴う場合もあり、20~40代の女性に多く現れると言われています。

片頭痛の3大要因

頭痛

血管拡張

気圧の変動により脳の血管が拡張すると、三叉神経が刺激されて「ズキズキした」痛みが起こります。片頭痛の特徴はこのズキズキとした痛みです。片頭痛が起こっている場合はマッサージを受けると逆効果になるので気を付けましょう。

血行不良

これも気圧の関係で、血行不良になると脳へ運ばれる酸素量が低下して痛みがでるようになります。

自律神経の乱れ

過度なストレスや生活習慣の乱れによって自律神経が乱れることでも片頭痛は起こります。これは独自のストレス解消法や生活習慣を整えることをして未然に防ぐことができます。

片頭痛の対処法

規則正しい生活

食生活の乱れや睡眠不足は片頭痛の原因とも考えられています。特に睡眠はしっかりととり、ストレスをできるだけ溜めないようにしてください。

音や光を避ける

できるだけ暗くて静かな場所で休むようにしてください。大きな音や光が引き金となって片頭痛は起こりやすくなります。

痛みの箇所を冷やす

血管が拡張することで痛みが起こるので、片頭痛がでたらすぐに痛む箇所を冷やすようにしてください。拡張した血管が収縮されてすごく楽になりますよ。
痛みがでた場合に温める方もいらっしゃいますが、片頭痛に限っては温めると余計に悪化してしまうので気を付けるようにしましょう!

整体での対処法

脳脊髄液

脳脊髄液を流す

脳脊髄液とは、脳と脊髄の間を流れ疲労物質などを回収する働きがあります。この脳脊髄液の流れが滞ってしまうと、脳を圧迫して頭痛が起こってしまうのと、めまいや吐き気、目の痛みにも繋がってしまいます。
当サロンでは、この脳脊髄液を流す施術も行っております。身体の歪みがなくなればしっかりと流れるものなので、なかなか頭痛がおさまらないという方は一度ご相談にいらしてください。

片頭痛が起こるタイミングは人によって違います。でも、どんなタイミングで片頭痛が起こるのかを知っておけば対処もしやすいはずです。このブログが少しでも参考になっていただけたら嬉しいです。

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP