BLOGブログ

グルテンが身体にもたらす影響とは?グルテンフリー食品を摂りましょう!

グルテンが身体にもたらす影響とは?グルテンフリー食品を摂りましょう!

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

「グルテンフリー」という言葉、最近はよく耳にしますよね?

小麦が使われていない食品を摂取するということですが、実際にグルテンが使用されている食品を摂取することで僕たちの体にどのような反応がでるのかご存じでしょうか?

今回はそんなグルテンについてお伝えしていこうと思います。

グルテンとは?

まず、グルテンとは小麦や大麦・ライ麦などに含まれているたんぱく質のことです。グルテンには食品をふっくらさせたり弾力を持たせる性質があり、パスタやパンなどのもちもちした触感はこのグルテンによって生み出されています。

グルテンを含む食品

  • パン
  • パスタ
  • うどん
  • ラーメン
  • 餃子、ワンタン、中華まんの皮
  • お好み焼き、たこ焼き
  • ピザ
  • 揚げ物の衣
  • シリアル
  • カレーのルー
  • ケーキなどお菓子類
  • 麦焼酎、ビール、発泡酒

なぜ注目されてきているのか?

なぜここまで注目されてきているかというと、原因が分からない慢性的な不調の原因が「グルテン」にあるというのが明らかになってきたことで「グルテンフリー」の生活をおくることが注目を浴びてきているのです。

グルテンフリーを実践することで体質が改善したり、肌がきれいになった人たちがたくさん出てきたので、グルテンフリーは食や健康意識の高い人に支持されることとなりました。
そもそもグルテンフリーというのは、グルテンの入ったものを口にするとアレルギー症状の出る人たちの体質改善が目的の「食事療法」だったそうです。

なぜ不調が起こるのか?

パンや麺、ピザ、パンケーキなどに多く含まれていますが、このグルテンを摂取することで引き起こされるのが「腸の炎症」です。

健常者であれば、小腸の粘膜の細胞が必要な栄養素を吸収し、毒素から僕たちの身体を守ってくれます。しかし、グルテンが体内に大量に取り込まれてくると粘膜が攻撃を受けて、その役割が弱まります。その結果、不必要な毒素も吸収するようになってしまうのです。

そのため、腸に炎症が起こり、頭痛やPMSなど様々な不調の原因になってしまうのです。アレルギーやアトピー性皮膚炎の原因もグルテンの可能性が高いそうです。

グルテンを摂取するデメリットについて

副腎への負担が大きい

副腎は、日常生活でストレスを感じると「コルチゾール」を分泌し、血糖値や血圧、免疫機能、自律神経などが正常に働くように調整しています。
副腎はいわゆる体内の消防士のような働きをしています。ですが、グルテンを日常的に摂取することで体内に炎症が起こり、その炎症を抑えるために副腎からコルチゾールを分泌させなければならなくなります。
そんなことが毎日起こっていると、副腎も疲労困憊になり、その機能も低下していってしまいます。そうなるとコルチゾールを分泌できなくなってしまうので、ストレスに弱い身体になってしまうのです。

太りやすくなる

そもそもグルテンには食欲を増進する効果があります。パンやケーキといった食べ物は1度食べると、もっともっと欲しくなりますよね?あれはグルテンによって食欲がどんどん増していってしまうからなんです。
グルテンの中に含まれる「グリアジン」という物質によって「血糖値の上昇」が起こり、それを下げるためにインスリンが過剰分泌されます。それによって肥満の原因になるタンパク質「サイトカイン」が細胞から分泌されるために、脂肪を溜め込み、太りやすくなってしまうのです。

その他の健康上のデメリット

  • 疲れやすくなる
  • 疲れがとれない
  • パンやケーキなどのグルテン入り食品を止められなくなる
  • 胃もたれ
  • 気持ちが落ち込む
  • 集中力の低下

グルテンフリーのメリット

グルテンフリーの食生活にしていくことで様々な健康上のメリットがあります。改善が期待できる症状をまとめておきます!

  • 腹痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 頭痛
  • 不眠
  • めまい
  • 生理痛
  • 生理不順
  • 疲労感
  • 肌荒れ

そして、小麦をとらない食生活ということで「ダイエット効果」も期待できます。

グルテンフリーにはデメリットもあります!

食べられる食品が限られる

グルテンフリー生活をしていくデメリットもあり、その代表例ともいえるのが「食べられる食品が限られてしまう」ことではないかと思います。
僕たちの身の回りは小麦が含まれる食品だらけです。パスタやパンなど小さいころから食べてきたものばかりなので、グルテンを摂取しないようにすることはかなり難しいのではないでしょうか?

美味しいものが食べられない

パンやピザ、ケーキなどのおいしさの源は、グルテンです。グルテンの含まれない米粉パンや米粉のヌードルは、小麦のものと比べるとどうしても味が落ちてしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
原因不明の不調に悩まされている方は、一度グルテンフリーな食生活を試してみることをおすすめします。スポーツ選手にもグルテンフリーを実践して好成績をおさめている方も多くいます。

お米やそば、肉、魚、野菜を中心とした食生活を2週間試してみてください。

ただグルテンは健康にプラスになる面もあります。

個人差もあり絶対に摂取すべきではない!というわけではありませんので、気になる方だけ試してみてくださいね。

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP