BLOGブログ

「食べるプラスチック」マーガリン

「食べるプラスチック」マーガリン

こんにちは!

志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

皆さんはパンにバターやマーガリンを塗っておりますか?バター・マーガリンを塗ってさらにジャムを重ね付けして食べると美味しいですね♪

ですが…

マーガリンはバターに比べると身体に悪いという話はよく聞くかと思います。

では実際にマーガリンとバターはどう違うのかご存じでしょうか?実はマーガリンは「食べるプラスチック」と呼ばれてしまうぐらい僕たちの身体に悪影響を及ぼしているんです…。

なぜそのような恐ろしい呼ばれ方をしてしまうのか?
「食べるプラスチック」と言われているマーガリンについてしっかりお伝えしていきたいと思います。

マーガリンについて

まず、バターは牛のミルクの脂肪分を撹拌操作により塊状に集合させたもの。そしてマーガリンは食用油脂等の原料を混合し、練り合わせたもの。マーガリンは高価なバターの代用品として人工的に作られたものなのです。

バターは牛乳から分離したクリームを固めて作られていますが、マーガリンは動物性・植物性の油脂を原料にして、バターに似せて作られています。

なぜ「食べるプラスチック」なのか?

そしてマーガリンは、「トランス脂肪酸」が多く含まれます。

トランス脂肪酸は、「認知症」「糖尿病」「がん」「動脈硬化」など様々な病気や症状のリスクが高くなると言われています。

また、トランス脂肪酸は善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やす働きもあり、心疾患の危険性を高めるという報告もあります。

これが、マーガリンが「食べるプラスチック」とまで言われている理由です。

海外では「トランス脂肪酸」を使用することに規制が掛けられているのですが、なぜか日本では規制がされていません。

できるだけマーガリン入りのパンを選ばず、もしパンを食べるときはマーガリンの代わりにバターを使うようにしましょう。

トランス脂肪酸の少ないマーガリン

マーガリンで問題なのはトランス脂肪酸です。ですが、最近ではこのトランス脂肪酸を抑えた商品も出てきているので、いくつか箇条書きでご紹介いたします。

  • 雪印メグミルク ネオソフト べに花
  • 小岩井 マーガリン ヘルシー芳醇仕立て
  • 雪印メグミルク ネオソフト

農林水産省のHPをみるとトランス脂肪酸について次のように説明しています。

「トランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%に相当する量よりも少なくするよう勧告をしています。日本人が1日にとるエネルギー量の平均は約1,900 kcalであり、この1%に相当するトランス脂肪酸の量は約2グラムです。」

脂質を含む食品のほとんどにトランス脂肪酸が含まれています。つまり、完全に脂質を摂らない生活にしない限りはトランス脂肪酸を避けることができません。

上記に挙げた商品は比較的トランス脂肪酸量が少ないものになりますので、コストを抑えるためにマーガリンをご利用される方は参考にしてみてください!

SHARE!

BLOG TOP