BLOGブログ

「食べるプラスチック」マーガリン

「食べるプラスチック」マーガリン

こんにちは!

志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

マーガリンはバターに比べると身体に悪いという話はよく聞くかと思います。

では実際にマーガリンとバターはどう違うのかご存じでしょうか?

「食べるプラスチック」と言われているマーガリンについてしっかりお伝えしていきたいと思います。

まず、マーガリンは高価なバターの代用品として人工的に作られたものです。

バターは牛乳から分離したクリームを固めて作られていますが、マーガリンは動物性・植物性の油脂を原料にして、バターに似せて作られています。

そしてマーガリンは、「トランス脂肪酸」が多く含まれます。

トランス脂肪酸は、「認知症」「糖尿病」「がん」「動脈硬化」など様々な病気や症状のリスクが高くなると言われています。

また、トランス脂肪酸は善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やす働きもあり、心疾患の危険性を高めるという報告もあります。

これが、マーガリンが「食べるプラスチック」とまで言われている理由です。

海外では「トランス脂肪酸」を使用することに規制が掛けられているのですが、なぜか日本では規制がされていません。

できるだけマーガリン入りのパンを選ばず、もしパンを食べるときはマーガリンの代わりにバターを使うようにしましょう。

当サロンでは骨盤矯正を軸に、身体の様々な不調にアプローチしています。志木・新座エリアにお住いの方、全員を健康にするのが私の目標です。

整体だけでなく小顔矯正やダイエットコースなどもご用意しております。

もしもこのブログを見ている方で、お身体に関するお悩みがある方は「からだメンテナンスfuan」に足を運んでみてください!お待ちしております。

ご予約はこちらから

【サロン情報】

〒352-0001

埼玉県新座市東北1-14-4セゾンけやき102

からだメンテナンスfuan

TEL:048-470-6868

東武東上線志木駅南口から徒歩5分

定休日:なし

駐車場:あり

SHARE!

BLOG TOP