BLOGブログ

今話題の発酵性食物繊維とは?健康効果をご紹介

今話題の発酵性食物繊維とは?健康効果をご紹介

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

最近「発酵性食物繊維」という言葉を聞くことが多くなってきたかなと思います。

腸内環境を改善させるために、「発酵食品」や「食物繊維」を積極的に摂取している方が多いですが、ここ数年は「発酵する食物繊維」が人気になっています!

そんな「発酵性食物繊維」について説明しようと思います。

発酵性食物繊維 とは?

発酵性食物繊維は食物繊維の一種で、腸内で善玉菌のエサになります。

さらに大腸の中で発酵して「短鎖脂肪酸」というものを作りだします。

ヨーグルトや納豆などの発酵食品から善玉菌をとる人が多いですが、残念ながら人によって合う菌・合わない菌があります。合わない菌を摂取し続けていても効果がでないんです…。

発酵食品の善玉菌は、一時的な効果はありますが、腸内で長時間働き続けることは難しいのです。
一方で、発酵性食物繊維はもともと腸にいる約1000種類もの腸内細菌のエサとなります。

そして「短鎖脂肪酸」は大腸から吸収されて全身へと運ばれ様々なはたらきをしてくれます。

・腸内を弱酸性にする
・エネルギーを作り出す材料となる
・腸の粘膜を刺激してぜん動運動を促進する

発酵性食物繊維が多い食品

  • オートミール
  • もち麦
  • アボカド
  • きのこ

など、穀物や豆類に多く含まれています。

キウイフルーツにも含まれているそうなので、オートミールなど朝食で手軽に摂取できるものかなという印象です。
腸内環境を改善させる上でやはり食事は欠かせません。これまで様々な方法を試してきて思うような効果が出ない方は、「発酵性食物繊維」を試してみてはいかがでしょう?

オートミールは最近、アレルギーの改善にも効果的とのデータもあるので、最後に発酵性食物繊維も豊富なオートミールについてまとめておきますね!

オートミールの健康効果について

オートミールとは、「燕麦」や「オーツ麦」と呼ばれる穀物を食べやすく加工した食品のことです。燕麦「oat(オート)」と、食事「meal(ミール)」からオートミールと呼ばれています。

グラノーラやコーンフレーク同様に、穀類を原料にした「シリアル食品」です。

オートミールは白米と比較しても、糖質が3分の1でカロリーはなんと半分!
正直食べにくさがありますが、最近ではアレンジレシピもたくさん出回っていて、はちみつやジャム、牛乳などと混ぜると美味しく召し上がれます。

また、オートミールは低カロリーかつ、とっても栄養豊富です。

腸内環境を改善させる効果のある「食物繊維」の含有量は、100gあたり7.5g。これはなんと玄米の約3倍、白米の約22倍にもなります!驚きますね。

食物繊維は、「水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2」のバランスが理想的とされていますが、オートミールはこの2種類の食物繊維が理想的なバランスで含まれているのです。

貧血予防に効果的な「鉄分」は、玄米の約2倍。その他にも、カルシウムやビタミンB1など、オートミールは美容と健康に欠かせない様々な栄養素を豊富に含んでいます。

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP