BLOGブログ

二の腕が太くなる原因とは?│整体で二の腕ダイエット

二の腕が太くなる原因とは?│整体で二の腕ダイエット

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

身体の部位で「二の腕」の太さって気になりますよね?

身体は痩せていても、二の腕が太いだけで全体的に太った印象を与えてしまいます…。悩まれている方は多いかと思いますので、その二の腕が太くなる原因についてお伝えをしていこうと思います。

二の腕が太くなる原因4選

猫背

二の腕が太くなる原因の1つには「猫背」があります。
猫背は、肩こりや頭痛、腰痛の原因になるイメージが強いかと思いますが実は二の腕の太さにも影響しているんです!意外ですよね?
猫背なると、首や肩の張りに加えて脇の下のリンパの流れを滞らせて老廃物が溜まってしまいます。それにより、二の腕に脂肪がつきやすくなってしまい、二の腕が徐々に太くなってきてしまいます。

背中が丸まっているだけでも腕が丸みを帯びたような印象を与えてしまうので、猫背にいいことは何もありません。
更に、猫背が長年続くことにより背中の脂肪が腕に流れていってしまうので、姿勢は常に正すことを意識する必要があります。

対策としては肩甲骨を回したり、脇の下を軽めにマッサージすることで血行を良くしていきリンパの流れを良くしていきましょう!

血行不良

二の腕は体の中でも比較的冷えやすい部位で、血行不良になりやすいのです。
血行不良によって二の腕に老廃物が溜まると、そこに脂肪が付きやすくなり、徐々に太くなってしまいます。
冷え性や肩こりに悩んでいる人は血行不良の可能性が高く、脂肪やセルライトが付いて二の腕が太くなりやすいので注意しましょう。

筋力低下

上腕には2種類の筋肉があり、いわゆる力こぶがある部位が上腕二頭筋と言われ、一般的に二の腕と言われている部位が上腕三頭筋です。
上腕三頭筋は日常生活においては腕を伸ばしたり、物を押したりするときに使用される筋肉なので、二の腕と比べると使用頻度が少ないのです。
筋肉は常に使われていないと、徐々に徐々に筋力は低下していきます。筋力が低下すると皮膚を支えられずたるんでしまい、二の腕が太く見えてしまうのです。

二の腕は身体の他の部位に比べると、日常生活で動かす頻度が少ないので筋肉量が少なく、脂肪がつきやすい箇所になります。特に筋肉量が比較的少ない女性は太くなりやすい部位になるので姿勢をしっかりと意識していきましょう。

むくみ

二の腕だけが太って見えるのが気になる…。こういったお悩みがある方は多いかと思いますが、これはむくみが原因となります。
長時間のデスクワークや勉強、動画やテレビを見る時間が長くなると、同じ姿勢で二の腕を動かさなくなってしまいます。そうなると、血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まってむくみやすくなります。
脇の下にはリンパ節があるため、リンパの流れが悪いとリンパ節が詰まり、二の腕がむくんで太く見えてしまうのです。

関連記事はこちら↓

簡単にできる二の腕エクササイズをご紹介

最後に、ご自宅で簡単にできる二の腕エクササイズをご紹介いたします!
今回ご紹介するのは「プランク」です。当サロンのブログでは何度もご紹介していて、腹筋などインナーマッスルを鍛えるトレーニングになりますが、実は二の腕にも効果的なんです!やり方をまとめますね。

  1. うつ伏せになって床にふせる
  2. 肘を90度に曲げて、肩の真下になるように床につける
  3. 前腕、肘、つま先を地面につけて体を浮かせる
  4. 頭から足が一直線になるようにキープする

これを、30秒〜1分×3セットを目安に行います。この時、二の腕を意識しながらやってみてください。どこに効いているのか意識するだけでも効果が変わってくるんです!


猫背や血行不良対策として整体サロンなどで「骨盤矯正」を受けることも効果的です。そもそも身体が歪んでいる状態では、血流は良くなっていかないですし、骨盤が後傾していると自然に背中が丸まってくるので、二の腕が太くなる原因がなくなりません。

「からだメンテナンスfuan」でも全身の骨格矯正を行っておりますので、ご興味がある方は当サロンにご相談にだけでもいらしてください!お待ちしております。

ご予約はこちらから

SHARE!

BLOG TOP