BLOGブログ

眼精疲労の原因や自宅でもできる簡単な解消方法について

眼精疲労の原因や自宅でもできる簡単な解消方法について

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

コロナ禍でのリモートワークが増えて、肩こりが悪化しているお客様がとても多くなってきました。そして、肩こりの次に多い症状が「眼精疲労」です。

今回は眼精疲労とはどのようなものか?原因とは?そしてどのような症状がでるのか?さらに、ご自宅でもできる眼精疲労の解消法をお伝えしますので、目の不調でお悩みの方はぜひ実践してみてください。

眼精疲労とは?

眼精疲労、原因

まず、眼精疲労とは、目に充血や痛みなどが起こり、視界がかすみ・ぼやけるなどの症状が起こります。さらに悪化すると目の症状だけではなく、肩こりや頭痛、めまいや吐き気などの症状が引き起こされる場合もあります。
これらの症状が、休んでも改善されないものが眼精疲労です。
最近では、長時間のパソコン作業やスマホの利用時間が増えて、目の筋肉を酷使してしまうことで眼精疲労が起こっています。

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因には、「普段の生活」が深く関係しています。
パソコンやスマホの使用が今では必要不可欠になっているため、今までは職場だけでの使用だったものが、自宅でも長時間使われるようになりました。
この長時間の目の酷使が眼精疲労を引き起こす大きな原因です。原因と考えられるものを下記にまとめます。

  • パソコンやスマホによる目の酷使
  • 同じ姿勢での長時間の作業
  • まぶしい環境
  • 紫外線が強い
  • エアコンの風が目に当たっている
  • メガネやコンタクトレンズの度が合っていない
  • ドライアイ
  • 目の位置が左右で違う(顔の歪み)
  • 全身の歪み
  • 精神的なストレス 

眼精疲労の症状

続いて、眼精疲労の症状についてまとめました。下記のような症状がある方は目に負担がかかり続けている可能性があります。ですが、何かしらの病気が原因で起こっている可能性も低くはないので、あくまで参考程度にみておいてください。

  • ピントがすぐに合わない
  • 目がしょぼしょぼする
  • 目の奥が痛む
  • 目が重い
  • 目が充血している
  • ドライアイになっている
  • 太陽の光がいつも以上にまぶしく感じる
  • まばたきが増える

自宅で簡単!眼精疲労解消法5選

側頭部をほぐす

一番効果的なやり方で、側頭部(こめまみ付近)には視神経が通っているため眼精疲労の影響を直接受けます。目を閉じながらこめかみに指を当てて、痛気持ちいい程度の強さで押圧してください。

ガムを噛む

あまり聞きなれない解消法かもしれませんが、ガムを噛むと眼精疲労が軽減されます。
理由はガムを噛むことで目の周りの筋肉が刺激を受けて、血流が良くなるからです。これはガムでなく通常の食事でも、よく噛んで食べることで眼精疲労の軽減になります。

遠くを見る

遠くを見ることで毛様体筋(水晶体の周りにある筋肉)がゆるんで、水晶体は薄くなります。眼精疲労を感じたら窓から遠くを見て、目の筋肉をリラックスさせてあげましょう。

蒸しタオルやホットアイマスクを使用する

目を休めるためには、水に濡らしたタオルをしっかり絞り、電子レンジなどで蒸したタオルで目を温めるやり方がおすすめです。
目の周辺の筋肉を温めることで血行が促進され、筋肉の緊張がほぐれていきます。ドラッグストアなどで売られているホットアイマスクもとてもおすすめです!
僕は昔、ホットアイマスクを初めて使った時に、あまりの気持ちよさにそのまま朝まで眠ってしまいました笑
逆に、仕事終わりなどの眼を酷使した時は、眼に通常より多くの血液が流れ、眼の血管が拡張して充血や痛みが起こります。そういった場合は冷たいタオルなどをのせて冷やしてあげると、血管が収縮していき症状がやわらぎます。

睡眠

眼精疲労になってしまうと寝てもなかなか改善はされませんが、予防をするためには「睡眠」がとても重要です。
睡眠は日中に使った目を回復させる効果があり、睡眠中は眼球の緊張が和らいでリラックスした状態になります。睡眠時間が短いと、回復のための時間が削られて疲れがどんどん蓄積していきます。目の疲れを取るためにも、最低でも6~7時間は睡眠時間を設けましょう。


いかがでしたでしょうか?
眼精疲労が軽減されると肩こりや首の疲れも解消されます。適度に目は休ませてあげてくださいね。

【番外編】目に良い栄養素について

ビタミンA

レバーや緑黄色野菜に含まれるビタミンAは、眼の粘膜を保護し、網膜の状態を良く保つ働きがあります。

ビタミンB

ビタミンB群は目薬の成分にもよく使われており、眼の疲れを和らげてくれます。

アントシアニン

目の神経伝達を良くする効果や、光を感じるロドブシンという物質の再合成を促す働きがあり、ブルーベリーの皮の部分に特に多く存在しています。

DHA

ドライアイや疲れ眼の改善、視力改善に効果があると研究結果も発表されています。青魚や赤身の魚に多く含まれる栄養素です。

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP