BLOGブログ

お腹に力をいれるだけ?!超簡単ぽっこりお腹の解消法「ドローイン」

お腹に力をいれるだけ?!超簡単ぽっこりお腹の解消法「ドローイン」

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

ポッコリお腹でお悩みの皆様、「ドローイン」をやっておりますか?

もしかしたらあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、ドローインはポッコリお腹の原因を解消できる超簡単な方法ですのでぜひ紹介したいと思います。

ポッコリお腹の原因は「腹横筋」

まず、ポッコリお腹はインナーマッスルである「腹横筋」が弱まることで起こります。

腹巻のように腹部の深層部分を覆っているのが腹横筋です。

ちなみによく筋トレで行っている腹筋で主に鍛えられるのはアウターマッスルの「腹直筋」。腹筋を続ければいわゆるシックスパックが出来上がりますが、お腹が割れるだけで全体的に引き締まった状態にはなりません。

ドローインとは?

「ドローイン」とはどのようなトレーニングなのか、最初にお伝えいたします。簡単に言うと、
「お腹を思いっ切りへこませる」というトレーニングです。特別な技術は必要ありませんし、運動が苦手な人でも出来ます。
腹横筋を中心にお腹周りの筋肉を効率的に鍛え、ぽっこりお腹を解消していきます。

なぜドローインが効果的なのか?

ドローインはインナーマッスルである腹横筋を合理的に刺激することで、お腹のたるみを改善するのに効果的で、実は「腰痛の予防や改善」にも繋がります。

やり方はこの後にお伝えしますが、お腹を凹ませて体幹部全体の筋肉を刺激することで、エネルギー消費量も大きくなり、お腹まわりを引き締める効果を短期間で得ることができます。

ドローインは、それまで「使われていなかった筋肉」を活性化させて、筋力を高めていくことで、ポッコリお腹の改善に繋げるのです。
筋肉が活性化するというのは、消費エネルギーが増えて、お腹まわりの脂肪をエネルギーとして燃焼させるようになるということです。

ドローインのメリット4選

ドローイン

ではここで、ポッコリお腹解消のためのドローインをおこなうメリットについてまとめていきます。

メリット1.筋トレほど辛くない

なんといってもドローインのメリットは、簡単にできるので筋トレのような辛さがありません。
筋トレのデメリットは毎日継続するのが難しい点にあります。ですが、このドローインであれば辛くないので毎日でもできます!
基本的には「お腹を思いっ切り引っ込めるだけ」な、シンプルで誰でも簡単にできるものです。さらに、すぐに効果が実感できるので、モチベーションの維持もできます。

メリット2.片手間でできる

ドローインはどこでも、どんなタイミングでもやることができます!
「テレビや動画をみながら」
「歯を磨きながら」
「調理をしながら」
「満員電車で立ちながら」
などなど、時間も場所も選びません。ご自身のタイミングでトレーニングができるところが大きなメリットです。

メリット3.食事制限をしなくても良い

極端な食事制限は必要ありません。食べたいものを我慢するのはストレスとなり、長くは続かないものです。また栄養バランスが崩れて、筋肉量が減ってしまうとリバウンドのリスクも高くなりますね。
ですが、もし食べ過ぎたなら、ドローインをを少し長めにやっていただければ取り返しがつくのです。

メリット4.お金も時間もかからない

トレーニングはしたいのだけれど、ジムに行く時間はない。帰宅時間が遅いと、そこからジョギングにいくのも難しい…。
かといって休みの日にジムに通うのもお金がかかってしまう。忙しい毎日の中で、トレーニングをする時間をとったり、コストをかけるのはとても難しいですよね?
ですが、このドローインであればいつでもどこでも出来るので、お金も時間もかかりません。続けられない理由がなくなるのです。

それではここから、ドローインのやり方をご説明します!

ドローインのやり方

  1. 背筋を伸ばして立ちます
  2. 鼻から息を吸い込みお腹を膨らませる
  3. 10秒かけて鼻から息をゆっくり吐いて、限界までお腹を凹ませる
  4. これを5回繰り返す

やり方はすごく簡単ですよね?
腹横筋が弱い状態で腹筋をすると、腰を痛める原因になります。もしもドローインをやりながら腰に痛みを感じてきたら、少し休憩を入れながらやるようにしましょう。

また、ドローインは座った状態でもできます。テレビや動画をみながらやってみましょう。

座って行うドローインのやり方

  1. 椅子に浅めに腰掛けます。
  2. 姿勢を良くして胸を張ります。
  3. 息をゆっくり吐きながらお腹をへこませます。
  4. その状態で10~30秒キープして、元に戻します。

座ったままだと胸を張りづらいので、手は腰の後ろに回しておくと良いですよ!

その他のドローインによる健康効果

姿勢が良くなる

ドローインではお腹の筋肉だけでなく背骨周辺の筋肉群まで鍛えられるので姿勢の改善が期待できます。特に、猫背でお悩みの方には効果的です。猫背は、腹筋群の弱さも原因なので、姿勢改善のためにやってみてはいかがでしょうか?

腰痛予防や改善

腰痛の原因は1つではありませんが、腹筋が弱っていることも原因の1つです。
経験がある方もいらっしゃると思いますが、腰が痛いと腹筋運動をするのも辛いですよね?でもドローインであれば腰に負担をかけることなくインナーマッスルを鍛えることができるので、腰痛予防や改善が期待できるのです。

ドローインの注意点

食後すぐにはやらない

ドローインはいつでもどこでも出来るトレーニングですが、やはり腹筋を動かすため食後すぐにはやらないように気をつけてください。満腹の状態では腹筋を動かしにくいので、運動の効果も得にくい上に、消化にもよくありません。

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP