BLOGブログ

褐色脂肪細胞とは?リバウンドの原因を解説します

褐色脂肪細胞とは?リバウンドの原因を解説します

こんにちは!
志木の隠れ家サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

頑張ってダイエットを続けていても結局リバウンドしてしまった…。多くの方が経験していることじゃないかと思います。食事制限もけっこう頑張ったにも関わらずダイエット前よりも太ってしまうのはすごく悔しいですよね?ですが、このリバウンドをしてしまうことにも明確な理由があります。今回はそのリバウンドをしてしまう理由をお伝えしていこうと思います。

2つの脂肪細胞について

脂肪

僕たちの身体には、「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」という2種類の脂肪細胞があります。
脂肪をため込む白色脂肪細胞、燃焼させる褐色脂肪細胞。肥満にならないためには、二つの脂肪細胞の働きを知り、食生活をコントロールすることがカギになります。
今回特にポイントになるのは「褐色脂肪細胞」なのですが、まずはそれぞれの働きからまとめていきます。

白色脂肪細胞

白色脂肪細胞とは、体内の脂肪のほとんどを占める細胞で、脂肪をためこむ働きがあるものです。食事によって過剰に増え、血液中を流れている脂肪や糖を取り込み、エネルギーとして蓄積していきます。主に皮下や内臓に分布し、体内の余分なエネルギーを脂肪として蓄積しているというわけです。
僕たちの体の中の脂肪というのは、この白色脂肪細胞という細胞に蓄えられた中性脂肪のことなのです。
特に多く蓄えられる部位は…

  • 下腹部
  • お尻
  • 太もも
  • 二の腕

こういった脂肪がつきやすいといわれる部位に、特に多く白色脂肪細胞が蓄えられるのです。

褐色脂肪細胞

そして褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼させる細胞です。主に鎖骨付近や胸まわりに分布し、脂肪を燃焼し熱を産生する働きを担っています。赤ちゃんの頃に多く存在している脂肪細胞で、加齢とともに数が減ってしまいます。
数年前までは「褐色脂肪細胞は成人になると消失する」と言われていました。しかし最新の研究で、成人でもある程度の褐色脂肪細胞が残っていて機能していることが判明しました。

褐色脂肪細胞が多く存在する部位は…

  • 首周辺
  • 肩、肩甲骨周辺
  • 鎖骨周辺
  • 脇の下

主に背中側に集中しています。

褐色脂肪細胞の体内で熱を生み出すパワーは、「骨格筋の約100倍」もあるといわれていて、かなりのパワーを褐色脂肪細胞がもっています。
しかし、成人の褐色脂肪細胞の数は加齢により減少していきます。「加齢による褐色脂肪細胞の減少」が、「太りやすい体質になっていく原因」ではないかと言われています。

褐色脂肪細胞が多い人の特徴とは?

褐色脂肪細胞が多い人の特徴は、痩せ型で汗をよくかく人です。

例えば…

  • 痩せ型の人
  • 食事中によく汗をかく人
  • 汗っかきな人
  • 背中や鎖骨周りの体温が高い人

上記2つが当てはまる方は、褐色脂肪細胞が多い言われています。

リバウンドの原因は褐色脂肪細胞

今回カギになってくる褐色脂肪細胞なのですが、実は極端なダイエットをするとこの褐色脂肪細胞が減少してしまうのです。

身体に褐色脂肪細胞がたくさんあったほうが基礎代謝は高くなります。ですので褐色脂肪細胞が減ってしまうということは、太りやすくリバウンドしやすい身体になってしまうのです。

これは極端に糖質を制限するなどして急激に体重が落ちた場合に限ります。緩やかな体重減少でなければ褐色脂肪細胞が減ってしまうことはありませんので、「無理をせず、1か月1キロ減」ぐらいのダイエットが健康のためにも良いのかと思います。

関連記事はこちら↓

褐色脂肪細胞を刺激して脂肪燃焼を促そう

褐色脂肪細胞はダイエットの強い味方だと言われています。ここまで書いてきたように、成人になると体に存在する数が減少して増えることがないため、とてつもないダイエット効果があるかと言えばそうでもないとは思います。
ですが、体内で熱を生み出しているのは間違いないので、刺激を与えて活動を活発にする必要はあるのかなと思います。

ダイエットをしたい方はこの褐色脂肪細胞を活性化させることができれば、極端な話、寒い場所にいてブルブル震えているだけでも熱を作り出す働きによって痩せていくことができます。 かなり極端な例ではありますが。

もともと褐色脂肪細胞の働きには個人差があるので、トレーニング次第で活性化させることが可能です!

褐色脂肪細胞はどこにある?

褐色脂肪細胞は背中の肩甲骨の周辺と、わきの下、鎖骨周辺などにあります。特に肩甲骨周辺をよく使って褐色脂肪細胞を刺激すると効果的です。褐色脂肪細胞を味方につけ、働きを活性化させる方法をご紹介いたします。

温冷シャワー

やり方は簡単、褐色脂肪細胞が多く存在する首の後ろや肩甲骨の内側部分にシャワーなどで冷水を浴びせるだけです。 

褐色脂肪細胞は体温が下がらないように熱を作り出す働きがありますから、どんどん冷水を浴びせて働かせていくというわけです。 

ただ冷水だけかけていくのは大変なので、冷水(20℃前後)と温水(40℃~42℃)をそれぞれ30秒ずつ浴びせると体に負担なく強化させることができます。 

これを3回繰り返してくことで褐色脂肪細胞が活性化して太りにくい体質を作っていくことができます。 

もちろん1日やっただけでは体質は変わらないので、ここも継続が大事になります!頑張って1か月は続けてみてましょう。

まとめ

大食いタレントさんは、あれだけ食べても太っている方は少ないですよね?その秘密は褐色脂肪細胞が人並み以上に活性化されているからだと言われています。
褐色脂肪細胞が少ないとされている人でも活性化させることはできるので、痩せやすい体質になりたい方はぜひ褐色脂肪細胞を活性化させていきましょう。

SHARE!

BLOG TOP