BLOGブログ

ポテチに発がん性物質?│アクリルアミドの危険性

ポテチに発がん性物質?│アクリルアミドの危険性

こんにちは!
志木の隠れ家整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

ポテトチップスをよく食べていますか?ダイエットなどをしていなければ、おやつや夜食の定番商品かなと思います。ですが、このポテトチップスが僕たちの身体にとってとても有害な食べ物だと知っていますか?

今回はポテトチップスの何がそんなに危険なのかをお伝えしようと思います。

発がん性物質「アクリルアミド」

アクリルアミド

ポテトチップスには「アクリルアミド」と呼ばれる発がん性物質が大量に含まれています。
アクリルアミドは、「AGEs」の一種で、その中でも発がん性が高く、危険な成分として知られています。どんなに少量でも遺伝子を傷つける発がん性物質ということが判明しています。

※AGEsとは?

AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation Endproducts)のことで、強い毒性を持ち、老化促進の元凶とされる物質です。
AGEが恐ろしいのは、僕たちの身体を構成するタンパク質を攻撃し、その機能を低下させる働きがあることです。皮膚に蓄積されると、「しみ」「しわ」「たるみ」となり、血管であれば「動脈硬化」「心筋梗塞」に、脳であれば「アルツハイマー病」などの認知症に、目であれば「白内障」、骨であれば「骨粗鬆症」、その他がんや変形性関節症など、多くの深刻な病気を引き起こす、とにかく蓄積されると危険な物質です。
またAGE値が高い方は、老化の進行が顕著で「寿命が短くなる」ことも報告されています。

アクリルアミドは食品を「高温調理した際」に生成され、特にアスパラギンと炭水化物を多く含む食品を油で揚げるなどの調理した食品に多く含まれます。

わかりやすく言うと、炭水化物を含む食材を高温で調理すると発生しやすいのです。例えば、カリカリに焼いたパンなどにできる焦げ目の部分にアクリルアミドが含まれています。
これは、とある研究で120度くらいの高温で加熱したイモ類や小麦粉、米粉などに大量に含まれることがわかりました。ちなみに、「魚の焼け焦げ」などに含まれる物質とは別物のようです。

どんな食べ物に含まれているのか?

  • ジャガイモをつかったポテトチップスやフライドポテト
  • ビスケットやクッキー
  • クラッカー
  • インスタントコーヒー(レギュラーコーヒーに比べ、2倍以上も含まれている)
  • ドーナツ
  • スナック菓子
  • コロッケ
  • 餃子
  • かりんとう

小さいころからポテトチップスを食べていた僕にとっては、かなり衝撃的な事実でした。
コーヒー豆、ほうじ茶葉、煎り麦のように、高温で焙煎した食品にもアクリルアミドが高濃度に含まれていることが報告されています。
起床時や仕事前にインスタントコーヒーを飲まれる方は多いかと思いますが、毎日飲まれている場合は注意が必要です。また、タバコの煙にもアクリルアミドが含まれています。

実際にどのくらい食べると危険なのかは分かっていません。また、動物実験で発がん性が確認されているが、人で発がん性があるかどうかはまだ十分な証拠が得られていないそうです。

どうやって摂取を防ぐ?

茹でる、発がん性

ノンフライへの切り替え

最近では「ノンフライ」のポテトチップスも多くなっていますから、今でも油で揚げたスナック菓子を食べている方はすぐにノンフライに切り替えることをおススメいたします!

焦がさない

調理の際に「焦げ目」をつくらないようにすることが重要です。揚げ物をするときは時間を守って「揚げすぎ」を防ぐ。また、パンをトーストするときには焦がさず「軽いきつね色」にする。
さらに、揚げ物ばかり食べずに、バランスの良い食生活を心掛けることも大切です。

「煮る」「茹でる」調理を増やす

アクリルアミドはここまでご説明したように「焼く」「揚げる」「炒める」などの調理方法でできやすいのですが、「煮る」「茹でる」などの調理方法ではアクリルアミドができにくいため、できるだけそういった調理方法を利用して少しでも防ぐようにしましょう。

また、少し話がそれますが緑茶に抗がん作用があると言われておりますので、アクリルアミドの発がん性物質に対しても緑茶が有効であることがわかっています。日常的に緑茶を飲むようにすると、がん予防にもなりますのでこちらもおススメです!

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP