BLOGブログ

人工甘味料の落とし穴│カロリーゼロで太る?

人工甘味料の落とし穴│カロリーゼロで太る?

こんにちは!
志木の隠れ家整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

ダイエットといえば糖質制限ダイエット!と、言えるぐらい多くの方がチャレンジしていますね。

「糖質オフ」や「糖類ゼロ」と書かれた商品もどんどん増えてきて、アイスやチョコなどにも糖質オフ商品が目に付くようになっています。

今回のブログは、糖質や糖類の代わりに使用されている甘味料についてです。甘味料の摂りすぎで逆に太ってしまうという話も聞いたことがあるかと思います。糖質制限ダイエットをする上で知っておいてほしい内容なので、ぜひ最後までお読みください。

甘味料とは?

甘味料は食品に甘みをつけるために使われるものです。
糖類の代替として用いられる糖アルコールや非糖質系甘味料と言われるものは、ゼロカロリーですので、ダイエット食品によく使用されています。
つまり「糖質オフ」や「糖類ゼロ」と書かれていても、甘くて美味しい食品を作ることは可能なのです。

食事などから摂取した糖質は、体内に入ると血糖値を上げます。その血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが分泌され、各細胞にエネルギー源として送ります。

しかし糖が多すぎた場合、糖が体内で余り残りは全て脂肪細胞へと送られてしまいます。そのため、糖質の摂りすぎで太ってしまうのです。

しかし人工甘味料は体内に糖質として感知されることがなく吸収されないため、1日経つと全てそのまま外へと排出されます。つまり体に取り込まれることが無いので、ダイエットに効果的なのです。

人工甘味料で太る?

では、なぜ人工甘味料の摂取が太りやすいといわれるかと言うと、インスリンの働きが悪くなるからです。

インスリンは食事ごとに分泌されてその働きを維持していますが、継続して処理をしなくていい人工甘味料がやってくると、糖質が体内に入ってきても働く必要はないと勘違いをしてしまうのです。そうすることで、糖質が各臓器へ送られることがなくなり、ほとんどが脂肪へと変わってしまうため太りやすい体質になってしまうのです。

さらに、人工甘味料を摂取すると、甘いものを食べているにもかかわらず血糖値が上がらないため、脳が異常に反応してしまい、より甘いものを求めて過剰摂取に繋がってしまい、太りやすくなってしまうのです。
長期的にみた時に、「糖質オフ」や「糖類ゼロ」商品でダイエットが成功したという実績はほとんどないそうです…

いかがでしたでしょうか?

「糖質オフ」や「糖類ゼロ」商品に頼るのは少し危険に感じますよね?たまにであれば大丈夫かなと思います。基本的には栄養バランスを考えながら食事制限をしていくことが大事かなと思いますので、過度に「糖質オフ」や「糖類ゼロ」商品に頼るのは控えるようにしましょう!

発がん性もある??

ラットを用いた動物実験によって人工甘味料の「サッカリン」を摂取すると膀胱がんのリスクが高くなるという報告もありました。

現在、多くの国ではサッカリンの使用が禁止となっています。
しかし、研究が進むにつれてサッカリンを合成する過程で生成された不純物に発がん性があることが分かり、サッカリンには発がん性はないと報告されたのです。
そのためアメリカや中国では再びサッカリンが使われるようになりました。日本では以前の悪いイメージが払拭できないことや、他の人工甘味料が登場したことにより、サッカリンを使った食品は外国と比較すると少ない傾向にあります。

人工甘味料にはメリットもある!

歯、不調

ここまで人工甘味料についてネガティブな情報をお伝えしていましたが、メリットもあります。
人工甘味料の最大のメリットは、摂取カロリーが軽減できることと、食後の血糖値の上昇を抑えられることです。
人工甘味料は砂糖よりも強い甘みを持つものがほとんどで、少量でも十分な甘さを感じることができます。そもそもカロリーがほとんどない種類の人工甘味料もあり、ダイエット中でも甘い物を我慢せずに摂取することができます。

また、人工甘味料は「虫歯の予防効果」もあるんです!
僕たち人間の口の中には、「ミュータンス菌」という虫歯の原因となる菌が存在しています。食事によって、糖が歯に付着し、この糖をミュータンス菌が分解して、歯の表面に「菌の住み家である歯垢」を作ります。
歯垢は1mg中に1億個以上の菌が存在しており、歯垢の中では菌が糖を分解して酸を作っています。この酸によって歯の表面のエナメル質が溶かされてしまい、虫歯ができます。

しかし、人工甘味料にはミュータンス菌が分解できない成分が含まれており、虫歯の原因となる酸が生成されません。そのため、人工甘味料は虫歯予防に効果があると考えられています。

最後に糖質と糖類の違いについてまとめておきますね!

糖質と糖類の違い

「糖質」とは、炭水化物から食物繊維を除いたものの総称です。
糖質は体内で吸収され、僕たちの身体のエネルギー源となる栄養素で、でんぷん、糖アルコール、オリゴ糖などが有名です。
「糖類」は、「糖質から多糖類・糖アルコールを除いたもの」になります。つまり「ブドウ糖、果糖、砂糖」など甘いものが「糖類」です。

糖類ゼロの商品でも糖質は含まれています。

そのため糖類は、摂取をすると血糖値が上がってしまうこともありますので注意が必要です。

ちなみに、「糖分」というのは甘いものを指す言葉で、厳密な定義はないようです。
そしてさらに、「砂糖不使用」と書いてある商品をよく見かけるかと思いますが、あくまで砂糖のことであり、砂糖=ショ糖のことを指しているため、他の糖質や糖類を含んでいる場合もあります。砂糖を使っていないから太らないということではないのです。

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP