BLOGブログ

太らない炭水化物【レジスタントスターチ】

太らない炭水化物【レジスタントスターチ】

こんにちは!
志木の隠れ家整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

皆さんはレジスタントスターチをご存じですか?

私たちが主食として摂取しているお米や小麦などの穀類や、あとはイモ類。これらに含まれる代表的な炭水化物がデンプンですね。血糖値をコントロールする糖質制限ダイエットが流行っているため、食べたくても我慢を強いられている方が多いのではないかと思います。

ですが、ダイエットの天敵デンプンの中には消化・吸収されずに食物繊維と同じ作用を発揮し、血糖値の上昇を抑えてくれる効果があるものもあります。つまり、食べても太りにくい糖質です!夢のようですね。
今回はこの「レジスタントスターチ」について詳しくご紹介していきます。うまく利用すれば炭水化物も好きなだけ食べられるかも?!

食べても太らない炭水化物

レジスタントスターチ(難消化性デンプン)」は、穀類やイモ類、豆類などの食品に少量含まれている成分です。
レジスタントスターチの特徴は、炭水化物であるにも関わらず、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2つの特徴を兼ね備えている点にあります。つまり、炭水化物なのに食物繊維のような特徴があるというわけなんです。
レジスタントスターチは良質な炭水化物で、小腸内で吸収されずに大腸まで届き、腸内細菌のエサになります。その結果、腸内で善玉菌が増えて腸内環境が整います。太りにくい身体をつくっていくためには腸内環境を整えることは大切です。

レジスタントスターチが含まれる食品とは?

では、どんな食品にレジスタントスターチが多く含まれているかというと…

冷えた状態の穀類やイモ類に多く含まれています

レジスタントスターチは、加熱調理された炭水化物が冷めると消化されにくい繊維質に変化し増殖するのです。
つまり、炊きたてのご飯ではなく、冷めたご飯のほうがレジスタントスターチが多く太りにくいというわけです。お米以外の炭水化物も同じです。

ですが、毎回毎回冷めたご飯(炭水化物)を食べるというのは現実的に厳しいかなと思います。できるだけ温かいおかずと一緒に摂取することが望ましいと思うので、ダイエットをしている方は摂取の仕方も意識して取り組んでみてください。

レジスタントスターチを利用したマウス実験について

実際に、レジスタントスターチを含んだ高脂肪食を食べたマウスと、高脂肪食だけを食べたマウスの体重の推移を比較した実験データがありました。
この実験によると、高脂肪食を食べたマウスは体重が増加し、レジスタントスターチを含んだ高脂肪食を食べたマウスは体重が減少したそうです!さらに脂肪肝も改善し、さらには糖尿病までも改善されたということで驚くことばかりです!

いかがでしたか?
レジスタントスターチは取り組み方次第でストレスのない糖質制限ダイエットを実現させてくれるはずです!最後にレジスタントスターチの効能をまとめておきます。

レジスタントスターチの効能について

脂肪の蓄積を防ぐ

レジスタントスターチを摂取すると、腸内で「短鎖脂肪酸」という成分がつくられます。この短鎖脂肪酸には脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待できます。

腸内環境を整える

レジスタントスターチは食物繊維と同等の効果が期待できるため、腸内環境を活性化させてくれます。炭水化物であるにも関わらず腸内環境が整うというのには驚かされます。

満腹感を持続させる

満腹感を得やすいという特徴もあるため、食事の摂取量を減らすことができます。ダイエット中によく起こる、空腹によるストレスを軽減させてくれます。

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP