BLOGブログ

産後の骨盤矯正はいつから受けられる?志木の整体サロンにお任せください!

産後の骨盤矯正はいつから受けられる?志木の整体サロンにお任せください!

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

出産をご経験された皆様、産後の骨盤矯正はもうお済ですか??
出産後にこのような症状でお悩みはありませんか?

  • 出産後に腰痛がひどくなった
  • 体重が妊娠前に戻らない
  • 体型が明らかに変わった…

これらの症状は全て、出産で骨盤が歪んでしまったことが原因です!
このようなお悩みを全て解決できるのが「産後の骨盤矯正」です。今回のブログは…

  • なぜ産後に骨盤矯正が必要なのか?
  • ケアをしないとどうなるのか?
  • いつから施術が受けられるのか?

出産を経験された多くの方が抱えているお悩みを少しでも解決できるような内容になっています。最後までお読みいただき、これからの行動の参考にしてください!

産後の骨盤矯正について

まず産後の骨盤矯正とは、出産によって開いてしまったり、歪んでしまった骨盤を整えていくものです。妊娠をすると、出産時に赤ちゃんが生まれてきやすいようにリラキシンというホルモンが分泌されて、骨盤が緩みやすいようになっているのです。
リラキシンの作用により、骨盤周りの靭帯や筋肉が緩み、骨盤が少しずつ開いていきます。開いた骨盤は、産後徐々に閉じてくるのですが、無理な体勢での「抱っこ」や「おんぶ」によって通常よりも身体に負担をかけることが多く、骨盤が歪んだままの状態になり、出産前の状態まで戻らないということもあります。

なぜ産後の骨盤矯正が必要なのか?

出産後に突然現れた不調や体型崩れは、骨盤から引き起こされている可能性があります。また、骨盤の歪みは自律神経やホルモンバランスの乱れも引き起こしてしまいます。
こういった不調を改善させるために「産後の骨盤矯正」が必要になります!そして、時間が経過してしまうと、骨盤が歪んだまま固定されてしまうので不調の慢性化に繋がる可能性もあります。そのため、早期改善をおすすめします。

ケアをしないとどうなる?

整体院

腰痛悪化

出産によって骨盤が歪んだままでいると、一番負担がかかるのが腰です。歪んだ骨盤に腰の筋肉が引っ張られてしまうのも痛みの出る大きな原因です。また、身体の土台である骨盤が安定感をなくしてしまうと、子供の「抱っこ」や「おんぶ」をするだけでも腰痛を引き起こしやすくなってしまうのです。

体型が崩れる

骨盤が開くと内臓が下垂してきます。この内臓下垂によって「ポッコリお腹」になったり、下半身太りの原因にもなります。明らかに出産前よりも体型が変わってしまったという方は、施術によって内臓を引き上げる必要があります。

体重が戻らない

これは出産に関わらず起こることですが、骨盤の歪みは代謝機能を悪化させます。太っても、ちょっと前までは食事制限や運動をすればすぐに元の体重に戻っていたのに…。これは骨盤が歪んだことによる代謝の悪化が原因で、痩せにくく太りやすい身体になってしまったのです。

いつから施術が受けられる?

よく、産後には骨盤のケアが大事だと聞くけど一体いつから始めればいいのか??
ほとんどの方が疑問に思われるかと思います。

まず、「自然分娩の場合」は産後1~2か月経過後に施術を受けることが可能です。産後1~6ヶ月あたりは、骨盤が柔らかくなっています。そのため、この期間に骨盤矯正を受けると、産後で歪んだ骨盤が正しい位置に戻りやすくなるのです。

「帝王切開の方」は約3か月~施術を受けることが可能です。自然分娩の場合もそうですが、遅くとも6か月以内にはケアを受けるようにしてください。6か月を超えると、骨盤もある程度固定されてしまい、改善させるのに時間がかかってしまいます。ただ、帝王切開の方は自然分娩より身体の回復が遅れるため、お医者様の確認が必要になります。

また、出産が終わるとリラキシンの分泌が終わり、骨盤も元に戻ろうと動かしやすくなっているため、早い段階でのケアをおすすめしています!
そして念のために、お医者様にも「いつから骨盤矯正に行ってもいいか?」確認すると良いかもしれません。

改善するまでに何回通えば良い?

施術を受けるにあたって気になる部分だと思いますが、しっかりとお身体が妊娠前の状態に戻るまでに6~8回お時間をいただいております。施術ペースは最初は1週間に1回を目安にしていただき、検査も行いながら骨盤が安定してきたら2週間に1回のペースでお越しいただければ、効果を実感していただけるかと思います!

骨盤ベルトも利用しよう!

出産の前に絶対に用意しておいてほしいアイテムがあります。それは「骨盤ベルト」です!
産後すぐの状態では整体を受けることはおすすめしません。ですが、その間にセルフケアをしていると整体に通う回数も少なくて済みます。

そんな産後間もない時期から使用できるのが「骨盤ベルト」です。商品によって使い方が異なるとは思いますが、日中の家事や子育て中でも、骨盤ベルトは「着用しながら」過ごすことができます。

  • 産後腰痛の予防・改善
  • 産後太りを防ぐ

骨盤ベルトでは上記のような症状に対応できます。また、妊娠中でも着用できる商品も販売されています。妊娠中にはお腹が重くなることで姿勢が反りかえり、腰痛に悩まされる方も多いです。少しでも予防をするためにも骨盤ベルトはおすすめです!

当サロンの骨盤矯正│志木の完全個室整体サロン

からだメンテナンスfuanでは、「トムソンベッド」という骨盤矯正専用のベッドを使って歪みを整えていきます。
数ミリ単位での調整が可能で、お客様自身もただ寝ているだけで歪みの矯正ができます。また、痛みは全くありませんので安心して受けていただけたらと思います!
骨盤矯正をする前に、歪みの強い箇所の筋肉をしっかりとほぐしてから調整をしていくので、施術後の揉み返しも少ないです。

当サロンでは、「産後の骨盤矯正コース」というものはないのですが、通常の「整体コース」で対応させていただいております。
もしも腰や股関節などに痛みがでている場合は整体60分コース(¥8000)、痛みなどはなく歪みが気になる方は整体40分コース(¥6000)でご予約ください!

詳しくはこちら↓


まとめ

いかがでしたか?
いかに産後の骨盤矯正が大事かご理解いただけたかと思います。僕自身、これまでたくさんの方に骨盤矯正を行ってきました。数回で改善された方もいれば、時間がかかってしまった方もおりました。自信をもって言えることは、産後1~6か月以内にご来店された方は改善まで時間がかからないということです。
育児で自分のために時間を作ることが難しいかと思いますが、身体を壊して育児に影響がでてしまっては意味がありません。ぜひ早い段階で骨盤矯正をしていただきたいなと思います!

SHARE!

BLOG TOP