BLOGブログ

疲れた時のチョコレートにはご注意を!

疲れた時のチョコレートにはご注意を!

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

  • 仕事の合間に甘い物補給でチョコレートを…。
  • カーリング女子チームの皆さんも「もぐもぐタイム」には甘いもの!

なんて、疲れた体に何か甘いものを摂取することがあるかと思います。ですが実は、これが逆効果で糖質の摂り過ぎで身体が疲れてしまうこともあるんです…。

今回は甘いものが疲労回復には逆効果になってしまう理由をお伝えしていきます。

疲れた時の甘い物摂取は…

まず、糖質を大量に摂取すると僕たちの身体は「血糖値」が急上昇します。上がり過ぎた血糖値を下げるために、体内ではインスリンが分泌されて血糖値の上昇を抑えます。その結果、一時的に低血糖状態になるんです。

そんな反応が起きると、脳が働くために必要な分の「ブドウ糖」まで減ってしまい、脳にエネルギーが届かなくなり、眠気やダルさといった症状がでてきてしまいます。

これが、糖質摂取による疲労回復が逆効果になってしまう理由です!
もちろん適度な糖質摂取であれば、しっかりと脳にエネルギーを送ることができるので疲労回復にはピッタリです。

これは甘い物に限らず、食事の後でも眠くなったりしますよね?このような悪循環に陥らないように、糖質は適度な摂取を意識しましょう!

なので、仕事などで疲れた時はチョコレートでなくチーズやナッツ類のほうがその後も効率よく身体を動かしていけるのでおすすめです。ぜひ明日から試してみてください!

そもそも、なんで甘いものが欲しくなるの??

仕事で疲れた時や勉強の合間に甘いものが欲しくなるのは、僕たちの身体が「不足したものを補給しよう」という作用が働いているんです!

疲労を感じている時というのは、エネルギーが消耗されている状態です。そうなると、肝臓に蓄積されていたグリコーゲンを使い始めますが、それも底が尽きると血糖値が一気に低下します。
脳のエネルギー源はブドウ糖だけなので、脳がブドウ糖を求めるよう身体にサインを出すのです。
これが、疲労時に甘いものが欲しくなるメカニズムです!

疲労時だけでなく、集中力が低下してきたときにも甘いものは効果的です!
この時期、受験生にとっては適量のチョコレートなんかは勉強効率を上げるためのマストアイテムといえますね!

あくまで食べ過ぎには注意してほしいという内容なので、チョコレート自体は適量であれば健康効果がたくさんあります!念のためにチョコレートの健康効果についてもまとめておきます。

チョコレートの健康効果まとめ

ポリフェノール

チョコレートに含まれている代表的な成分はカカオポリフェノールです。高カカオチョコレートのようにカカオの含有量が多いほど苦味も強くなりますが健康効果も高くなります。おすすめはカカオ含有量70%のものです。
高い抗酸化作用を持つポリフェノールは体内の酸化を抑えてくれるため、

  • 老化の防止
  • 動脈硬化の予防
  • アレルギーの改善
  • リラックス効果
  • ダイエット効果

といった効果が期待できます。

テオブロミン

テオブロミンはチョコレートの苦味成分で、カカオはテオブロミンを含む数少ない食品といわれています。テオブロミンには、血流を促す作用があり、さらに脂肪の蓄積も防ぐなどダイエット効果も期待できます。
ただし、テオブロミンの過剰摂取は利尿作用を高める可能性もあるため注意が必要です。

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP