BLOGブログ

ヨーグルトが悪影響に?!乳酸菌の摂り方について

ヨーグルトが悪影響に?!乳酸菌の摂り方について

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

「便秘気味だからヨーグルトを食べている」

「腸活のためにヨーグルト生活始めました!」

このような話をお客様からもよく耳にします。

「便秘にはヨーグルト」というふうに考えている方は多いかもしれませんが、人によっては逆に悪化させてしまう可能性もあるんです!

今回は、そんなヨーグルトが悪影響になるケースについてまとめていきます。また、ご自身に合ったヨーグルトの見分け方についてもあわせてお伝えしますね!

ヨーグルトが悪影響となるケースについて

実は「重度の便秘の方」はヨーグルトが逆効果になります。

なぜなら、お腹の中でガスが発生し、お腹が張ってしまうからです。便秘で腸の動きが悪くなっている状態で、更にお腹が張るという悪循環に陥ってしまいます。

ヨーグルトは「便秘の予防」には効果的ですが、「重度の」便秘の解消には効果が期待できないものなのです!

ちなみに、冷えたヨーグルトは腸内を冷やし、さらに動きを悪くさせてしまうこともあります。

便秘の解消法

  • 「便を柔らかくするために」水溶性食物繊維をとる

大豆、フルーツ、海藻

  • 「便のかさを増すために」不溶性食物繊維をとる

ごぼう、豆類、きのこ、ココア

  • オリゴ糖をとる

はちみつ、バナナ、ブロッコリー

自分に合うヨーグルトの見つけ方

約40種類のヨーグルトが販売されており、使われている菌もそれぞれ違います。そのため、自分の腸に合う菌を見つけないと、腸内環境を改善させるのは難しいのです。
どの菌が自分にあっているかは、食べ続けてみないとわかりません。1日、2日食べただけでは、効果はでてきません。最低でも2週間は同じヨーグルトを食べ続けてみてください。
ヨーグルトを食べ始めてから1週間もすれば、身体に何らかの変化が現れます。

  • 便が柔らかくなる
  • 肌の調子が良くなる
  • 寝付きが良くなった
  • 寝起きのスッキリ感がある

腸内環境が良くなっていくことでの変化を実感できれば、そのヨーグルトはご自身に合う菌が含まれているということです。
こうした効果が確かめられたら、毎日、食べ続けるようにしてください。1日の摂取目安量は200mlまで。これは市販で売られているヨーグルト2個分の量です。朝、夜1個ずつがおすすめです。
逆に1週間、同じヨーグルトを食べ続けても変化が感じられないときは、他のヨーグルトを試してみましょう。


ちなみに、ヨーグルトは

  • 便秘を予防したい方
  • お腹の張りが気になる方
  • 1~2日程度の軽度の便秘の方

↑このような方々には効果的です!

正しい知識を持って、自分に合った方法で便秘の解消・予防をしていきましょう!

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP