BLOGブログ

妊娠中も整体は必要?マタニティ整体のメリットとは?

妊娠中も整体は必要?マタニティ整体のメリットとは?

こんにちは!

志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

「産後の骨盤矯正」が必要だというのはよくご存じかと思います。ですが、それと同じくらい「産前の骨盤矯正」も大事なんです。
どうせ出産で歪むから妊娠中に整体にいく意味はないのでは?
そもそも妊娠中に整体は危険では?

様々意見はあるかと思いますが、産前の骨盤矯正はメリットがたくさんあります!今回は産前のケアの重要性についてお伝えしようと思います。

マタニティ整体とは?

そもそも産前に骨盤矯正が必要なのか?まずはそこから説明していきます!
妊娠中にでる症状として最も多いのが「腰痛」です。お腹も大きくなると反り腰のような姿勢になりますし、腹筋が効かなくなることも妊娠中の腰痛の原因です。
また、それ以外にも股関節や膝、足首など様々な箇所に負担がかかるようになります。何もケアをしないままでいると、産後のお身体にも悪影響ですので産前のケア、特に骨盤矯正は必要になってきます!

もちろん妊婦さんによってもお身体の状態には個人差がありますので、医師への相談は必要になります。骨盤が歪んだままでは赤ちゃんの通り道が狭くなるので、帝王切開になる可能性も高まります。安定期以降に施術を受けるようにして、少しでも産後に起こりうるお身体の変化に対応できるようにしましょう!

産前の骨盤矯正のメリットとは?

妊娠中の腰痛を軽減

妊娠中はお腹が大きくなる影響で反り腰のような姿勢になるため、「腰痛」を引き起こすことが多々あります。腰の筋肉や同様に負担がかかる肩甲骨周囲、臀部などの筋肉をケアしていくことで腰痛の改善や予防ができます。

産後の腰痛や股関節痛を軽減させる

出産による骨盤の歪みや開きは防ぐことは難しいです。ですが、産前に少しでも骨盤のケアをしておくことで、産後の腰痛や歪みから起こる股関節痛を最小限に食い止めることは可能です。

産後のボディラインの崩れを予防する

出産をしてもキレイな体型を維持できている方というのは、産前のケアがしっかりとできている方が多いです。骨盤だけにとどまらず、肩甲骨・頸椎など可能な限りのケアをしておけば産後のボディラインの崩れを予防することが可能なんです。

まとめ

赤ちゃんが大きくなるにつれて、お母さんの身体の状態は変化していきます。特に骨盤付近の筋肉や骨格に負荷がかかるようになり、少しずつ肩こり・腰痛・股関節痛を引き起こすキッカケになります。
そのため、産前から骨盤矯正をしておくと、出産後までの身体の痛みを軽減させることに繋がります

特に妊娠中は「リラキシン」という骨盤をゆるめるホルモンが分泌されるため、骨格が歪みやすくなります。この時期に骨盤矯正を受けることはとても重要なことなんです。

妊娠初期での施術はお断りしておりますが、安定期に入る5~9か月目までであれば整体を受けることは可能です。もちろんうつ伏せになることはできませんから、横向きでのケアになります。

出産予定日まで快適に過ごすためにも「産前の骨盤矯正」はおすすめです!当サロンでも妊娠中の方のケアはしておりますので、ぜひ足をお運びください。

SHARE!

BLOG TOP