BLOGブログ

糖質ゼロと糖類ゼロの違いとは?

糖質ゼロと糖類ゼロの違いとは?

こんにちは!
志木の完全個室整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

ダイエット食品や低カロリー食品が多く出回るようになっていますね!

そんな中でよく見かける「糖質ゼロ」と「糖類ゼロ」。

お客様からも、この2つの違いは何なのかと聞かれることもあります。なので今回は、この「糖質ゼロ」と「糖類ゼロ」の違いを説明していきたいと思います。

糖質ゼロと糖類ゼロの違いとは?

「糖質ゼロ」も「糖類ゼロ」も同じような意味合いのように感じますが、厳密にいうと、「糖類ゼロ」は砂糖を使っていない商品を指します。

つまり、「糖類ゼロ」は、砂糖が使われていないだけで、他の糖分がいろいろ入っていて、カロリーゼロというわけではないんです。


それに対して「糖質ゼロ」は、「糖を何も含んでいない」という意味合いで使います。では、なぜ甘さを感じるのかというと、糖質の代わりに天然甘味料や人工甘味料というものを使用しているからです。

糖質ゼロだからダイエットにも良いというわけではなく、人工甘味料の摂りすぎが逆に悪影響な場合も多いです。


それと、もう一つ気をつけておきたいのが「○○ゼロ」という場合のゼロの意味です。

これも栄養表示基準によって決められていることなのですが、糖質・糖類ともに100mlあたり0.5g未満ならゼロと表記できるということになっていますので、本当の意味での0gとは限りません。

「糖質ゼロ」も「糖類ゼロ」、どちらも摂り過ぎには注意しないといけないですね!

SHARE!

BLOG TOP