BLOGブログ

太らないお酒と太りやすいお酒│お酒が身体に与える影響も解説します!

太らないお酒と太りやすいお酒│お酒が身体に与える影響も解説します!

こんにちは!
志木の隠れ家整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

夏に向けて「美腸整ダイエットコース」を利用するお客様が増えてきました!

ご来店されるお客様のお話を伺っていると、意外と?お酒を飲まれる方が多いんだなと感じました。皆様から質問を受けることが、「ダイエット中に飲んでもいいお酒って何ですか?」ということ。

そこで、お酒は飲みながらでもしっかりダイエットで効果がでる、「太りにくいお酒」と、逆に「太りやすいのでNGなお酒」、そしてお酒が身体に与える悪影響についてご紹介していきます。

お酒、太る

太りやすいお酒

  • ビール
  • 白ワイン
  • 梅酒
  • マッコリ
  • 日本酒

太りにくいお酒

  • ハイボール
  • 焼酎(ロック)
  • ウイスキー
  • 赤ワイン
  • レモンサワー
  • ジントニック

いかがでしたでしょうか?

ちなみに太りにくいお酒第1位はウイスキーで、太りやすいお酒第1位はビールです。

特にビールは高カロリーなおつまみをついつい食べたくなってしまうお酒であると言えます。食欲を増幅させるお酒ですから注意が必要ですね!

ダイエットに食事制限はつきものだと思いますが、少しでも制限によるストレスを減らせるように、お酒だけは飲みたい…。そんな方は上記をぜひ参考にしてダイエットに励んでみてください!

なぜお酒は太りやすい?

アルコールは1g=7kcalと高カロリーなため、お酒そのものが太る原因と考えてしまいがちです。
ですが、アルコールは「エンプティーカロリー(空っぽのカロリー)」と言われています。
エンプティーカロリーと言われる理由は、アルコールには体に役立つような栄養素がほとんど含まれておらず、体に蓄えられないからです。
つまり、アルコールは身体に蓄積されないため体内に残り脂肪として蓄積されることはありません。

ではなぜお酒を飲むと太るのかというと??

アルコールの主成分であるエタノールは有害物質なため、早く分解しようと優先的に処理されます。すると一緒に摂っている食事の分解は後回しにされ、太る原因となる糖質の分解が遅れて身体に溜まっていきます。
要するに「お酒と一緒に食べるもの」に問題があるということです。

また、アルコールが分解される際に、中性脂肪の合成が促されます。アルコール度数が高いほど分解する量が多くなり、飲んだ量に比例して中性脂肪が蓄積されていきます。
中性脂肪が増えることで、皮下脂肪や内臓脂肪の増加に繋がり、その結果太る原因となります。
アルコールは脂肪の代謝を抑制してしまい、体脂肪を消化しにくくしてしまいます。

もちろん中性脂肪は僕たちの体にとって大事なエネルギー源なので適量は必要です。
ですが、お酒の過剰摂取によって中性脂肪が増加し、さらに動脈硬化や心筋梗塞に繋がる可能性もあるので注意が必要です。
さてここで、お酒を飲み続けることのデメリットを2つご紹介したいと思います。

お酒を飲むことでの悪影響とは?

睡眠の質を低下させる

アルコールが分解されてアセトアルデヒドができると、交感神経が緊張し、目が覚めやすくなります。アルコールは睡眠の質を低下させるのです。
ふらふらに酔っぱらって気が付いたら朝だったという方もいらっしゃるかもしれませんが、これは単純にアルコールを過剰摂取した影響です。
また、お酒を飲まないと眠れないという方もおりますが、アルコールによってもたらされる睡眠は、生理的な眠りとは異なるものであると言われています。

筋繊維の部分壊死

大量にお酒を飲んだ後に筋肉痛のような痛みを感じたことはありますか?
それは筋繊維の部分壊死が起こっている状態です。
筋肉量が減ることは代謝の悪い身体になっていくということ。ダイエットをしている方や健康増進していく上でも欠かせないものが筋肉です。さらには少量でも長期的なアルコール摂取はたんぱく質を合成する力が40%以上も低下するという報告もあります。しっかりと休肝日を設けるなどしてうまくお酒と付き合っていきましょう!

SHARE!

BLOG TOP