BLOGブログ

むくみは病気のサイン

むくみは病気のサイン

こんにちは!
志木の隠れ家整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

今回のブログは「むくみ」に関してです。

女性の方は特に「むくみ」に関して敏感かと思いますが、この「むくみ」を放っておくとどうなるかご存じですか?

健康にも大きく関わってくることなのでぜひ最後までご覧ください。

むくみとは?

まず、「むくみ」というのは、何らかの原因によって、皮膚もしくは皮下組織に水分が溜まった状態です。血液中の水分が血管の外に異常に浸み出した状態で、「浮腫(ふしゅ)」ともいいます。
足や腕などを指で押した時に、押した痕がなかなか戻らないような状態の時は、身体に体重の5~10%以上の水分が余分に溜まっていると言われています。
例えば、体重が50kgの人の場合だと、体重は52~55kgまでは水分によって増えているということになります。
むくみというのは、日常でよくみられる症状ですが、このむくみに、大きな病気が隠れている可能性があります。ここからむくみを放置することで起こりうる病気についてまとめていきます!

むくみの原因について

むくみ、原因

長時間の同じ姿勢

長時間のデスクワークなど、同じ姿勢でいることで、ふくらはぎの筋肉のポンプ機能がうまく働かなくなってしまいます。その結果、足から血液が心臓に戻りにくくなり、むくみが起こります。

過度な塩分摂取

塩分の多い食べ物を摂りすぎるとむくみが起こります。塩分には水分を抱え込む性質があり、余分な水分をうまく体外へ排出できなくなり、体の中に溜まってしまいます。

筋力不足

運動不足などによってふくらはぎの筋肉が低下すると、足のポンプ機能が低下し、足の血液を心臓へ押し戻す力が低下し、むくみが起こります。

過度なストレス

ストレスの多い生活を送っていると、自律神経の働きが徐々に乱れ、血行不良が起き、むくみに繋がります。

身体の冷え

冷えの大きな原因は血行不良によるものです。足先まで血液が流れにくくなるため、血液やリンパの流れが滞ってしまい、むくみに繋がります。

このように、病気が原因のむくみ以外は生活習慣に原因があります。
仕事環境や食習慣など日常の些細なことが長期的に続くことで「むくみ体質」になってしまうのです。

むくみは病気のサイン

むくみを放置すると

  1. 代謝が悪くなり太りやすく痩せにくい体質になる
  2. 冷え性になる
  3. 病気のサインに気が付かない

1と2に関しては意外と知られていないのですが、むくみの放置でも起こることです。ダイエットをしたい方にもマイナスに働くことになるのでむくみ対策はしておきましょう。

そして、特に怖いのが、3つ目の「病気のサインに気が付かない」

むくみがひどい時に疑われるのが「腎臓」や「心臓」「肝臓」の病気。

例を挙げると

腎臓病、腎不全

腎臓は体のデトックス機能を担っており、血液をろ過して老廃物を尿として体外に排出します。腎機能が低下すると、体外に老廃物を含んだ水分を排出できなくなるため、むくみが起こります。

心不全

心臓が血液をうまくめぐらせることができなくなる病気で、体の血流が滞りむくみになります。

肝硬変

肝臓全体が硬くなるため、肝臓でアルブミン等のタンパク質が合成できなくなります。アルブミンは、水分を血管内に保持する働きがあるため、血液中のアルブミンが低下すると、水分が血管から間質に漏れ出し、全身のむくみが起こります。

いかがでしょうか?むくみに対する意識を強くもたないと、大変な事態を巻き起こします。上記の内容をしっかりと把握しておきましょう!

【余談】むくみは女性に多い?

女性は男性に比べると筋肉量が少ないため、足がむくみやすくなります。
筋肉量が少ないことで、心臓に向かって血液を押し戻す働きが弱くなってしまうからで、生理などによってもホルモンの影響でむくみやすいそうです。

関連記事はこちら↓

SHARE!

BLOG TOP