BLOGブログ

痛み改善の秘訣【腸のゴールデンタイム】

痛み改善の秘訣【腸のゴールデンタイム】

こんにちは!
志木の隠れ家整体サロン「からだメンテナンスfuan」の北見です。

長い間、腰痛や頭痛などの症状に悩まされている方、整体に長く通っていてもなかなか改善されない方はとても多いです。

このように筋肉をほぐしたり、身体の歪みを整えてもスッキリ感が出ない方は腸内環境が悪い可能性があります。腸内環境と身体の張り・不調は連動しています。今回は腸に関しての情報をお届けしようと思います。

腸のゴールデンタイム

皆さん、腸のゴールデンタイムをご存じですか?
「肌のゴールデンタイム」は有名で、夜22時~深夜2時の間は成長ホルモンが多く分泌されるため、その時間しっかりと睡眠をとることで1日の肌ダメージを回復させるものです。
そして実は、腸にもゴールデンタイムが存在します。

腸のゴールデンタイムには肌のように決まった時間はありません。その人の生活リズムによって異なってきます。というのも、腸壁の細胞が修復される腸のゴールデンタイムは、起床から15~19時間後を指します。朝8時に起床した人は、夜23時~深夜3時。12時ごろ起床すれば、深夜3時~朝7時がゴールデンタイムとなります。
ですのでなかなか改善されない不調をお持ちの方は一度、腸内環境を疑い、このゴールデンタイム中はしっかり睡眠をとることが望ましいのです。
便秘や肌荒れにお悩みの方にも同じことが言えますので、それぞれの起床時間から計算し、腸内環境の改善に努めてみてください。

おすすめの改善方法としては、寝る前にヨーグルトを食べること。
乳酸菌を摂取することで、就寝中の腸の改善に役立ちます。ヨーグルトに関しては以前のブログで、自分に合ったヨーグルトの判断方法について書いておりますのでそちらも参考にしてみてください。

関連記事はこちら↓

また、腸揉みと骨盤矯正を合わせて行うことでも腸内環境を整えることが可能です。からだメンテナンスfuanでは、症状やその時の状態にあわせて腸揉みも行っておりますので遠慮なくお申し付けください。

SHARE!

BLOG TOP